halloween2


アメリカのハロウィンは、「トリック・オア・トリート」と言いながら、
子供たちがお菓子を貰いに行くという風習があります。


日本でも近年、「トリック・オア・トリート」というフレーズは、
認知度も高まり、何となく意味を知っている、という人も多いのではないでしょうか?


今日は、そんなハロウィンの「トリック・オア・トリート」の秘密を探ります。
トリックとは?トリートとは?何故、お菓子を貰いに行くのか、
その風習を分かりやすく、紹介していきたいと思います。


Sponsored Links


トリック・オア・トリートの本当の意味とは?


トリック・オア・トリートを英語にすると、Trick or Treatになります。
簡単に訳すと「お菓子をくれなきゃ、イタズラするぞ★」という意味になります。


ここまでは、ご存知の方も多いと思いますが…
これは、意訳であり、本来の言葉の意味は、もうちょっと深いんです。

トリックとトリートを直訳すると?


まずは、この「Trick」という言葉の意味を考えてみましょう。
ドラマのタイトルが思い出されるこの「トリック」という言葉は、
意訳通り、「イタズラ」や「悪巧み」などの意味があります。


そして、「Treat」の言葉の意味ですが、お菓子なんて意味はどこにもありません。
「トリート」を直訳すると、「おもてなし」などの意味があります。


また、「Trick or Treat」というフレーズは、省略されている言葉で、
本来は、「Treat me or I’ll trick you.」という言葉なんだそうです。


直訳しますと、
「私をおもてなししてくれなければ、イタズラしちゃうぞ」という意味になります。


やっぱり、「お菓子」は出てこないんですね~
ただ、トリートには、おもてなしの他、「ごちそう」「いいもの」といった
意味があるので、子供たちにとってのごちそう=お菓子という
意訳をするのだと思います。


トリック・オア・トリートの風習の由来は?


もともと、アメリカにおけるハロウィンという風習は、
日本に置き換えると、お盆のような風習に近い行事として知られています。


ハロウィン(10月31日)は、あの世との門が開き、亡くなってしまった人たちが、
家に帰ってこれる日とされています。
しかし、その門から、モンスターや、お化けなど、いわゆる「悪霊」もまた、
出てきてしまう日なんです。


モンスターやお化けの仮装をした子供たちが、トリック・オア・トリートといって、
おもてなしをしてもらうことによって、悪霊を追い払うことができるとして、
ハロウィンのこの儀式が伝わるようになりました。

何故、お菓子なのか?


なぜ、お菓子でもてなしを受けるのか?という部分については、
9世紀のヨーロッパの風習である「Souling」(ソウリング)が元になっています。


ソウリングのSoulは、魂(ソウル)という意味です。
キリスト教では、11月2日の「死者の日」に成仏できなかった悪霊のために、
魂を供養するためのソウルケーキを準備していました。


子供たちは、仮面をつけて、歌を歌いながら、ケーキを貰い回ります。
仮装して、トリック・オア・トリートと言いながら、お菓子を貰いまわる、
とても良く似ていますよね。


Sponsored Links


このケーキを差し出すことによって、成仏できなかった悪霊も成仏し、
天国に導くことができる、とされていました。


逆に、ソウルケーキを差し出さないと、悪霊も成仏することができず、
悪さをはたらくとされていたので、まさに、トリック・オア・トリート。
「お菓子をくれなきゃ、イタズラするぞ★」に通ずるものがありますね。


トリック・オア・トリートに返す言葉は何?


良くハロウィンで耳にする合言葉、トリック・オア・トリートには、
ちゃんと、返し文句があります。



トリック・オア・トリートの意味は定着してきたので、
「お菓子をあげたら良いんだな~」ってことは知っている人が多いですが、
なんて返事をして良いか分からず、「どうぞ♪」とキャンディーや、
クッキーなどを渡している人も多いのではないでしょうか?


トリック・オア・トリート!と言われて、お菓子を子供にあげる時には、
ハッピーハロウィン!!と、返事するのが、アメリカでの定番です。

そのあとで、どうぞ♪とお菓子を渡します。


子供が英語に親しむ良い機会でもありますので、
トリック・オア・トリートだけではなく、ハッピーハロウィンの返事も合わせて、
子供には教えて行きたいものですね★


アメリカのハロウィンは?


アメリカでは、10月31日の夜、玄関の明かりがついているお宅に
子供たちがおじゃまして、「トリック・オア・トリート」と、お菓子をねだります。


日本においては、さすがにそこまでの習慣はありませんので、
ハロウィンパーティーの中で、大人にお菓子をねだるくらいのものです☆


ちなみに、トリック・オア・トリート、イタズラかお菓子か?のところで、
トリート(おもてなし)を断ると、イタズラされちゃいます!


アメリカでは、玄関先に生卵を投げつけられたり、水鉄砲で打たれたり、
落ちるスプレーを使って落書きされたりしちゃうのだとか(笑)
日本のパーティー内なら、敢えて断り、イタズラされてしまうのも、
面白いかも知れませんね~♪