fashion0


トレンドの流れの早いファッション業界は、常に新しい用語が生まれます。
多くは、昨年あたりから流行しているような、ガウチョパンツや、スカーチョなど、
アイテムに関するものですが、そうではないファッション用語もあります。


今日は、そんなファッション用語の中から、「SS」や「AW」などの言葉について、
詳しく紹介していきたいと思います。


Sponsored Links



SSやAWってどういう意味?



パリコレなどのコレクションや、ファッション雑誌などで見かけるこの用語。
SS、AWって何の略なんだろう?と不思議に思っている方も多いと思います。


使われ方としては、「2017 AW」や「2017 S/S」などのように使われます。
スラッシュ(/)が使われているものとそうでないものがありますが、
これは単に表記の違いだけで、同じ意味合いです。


AWとは?



まず、AWについて紹介していきます。


AWとは、オータム(Autumn)とウィンター(Winter)の頭文字です。
ご存知かと思いますが、オータムは秋、ウィンターは冬という意味です。
つまり、「2017 AW」と書かれている場合、2017年の秋冬物という意味になります。


補足として、たまにFWと書かれる場合もあります。
これは、同じ秋を意味するFallの頭文字なので、意味はどちらも同じです。


アメリカでは、Fall。イギリスでは、Autumnが使われることが多いです。
パリコレなどのコレクションは、ヨーロッパで開催されることが多いので、
FWよりは、AWと使われる方が一般的です。


SSとは?



それでは、SSについて紹介していきたいと思いますが…
勘の良いあなたは、もう気付いていることかと思います。


そうです。
SSというのは、春を意味するSpringと、夏を意味するSummerの頭文字。
つまり、「2017 S/S」と書かれている場合は、2017年の春夏物のことを指します。


稀に、WS(冬春物)などと書かれることもありますが、一般的には、
AWとSSが良く用いられています。


トレンドとなるアイテムがこれを目安にすることで分かりやすくなるので、
ファッション大好きな女性であれば、覚えておいて損はありません☆


Sponsored Links



AWやSSは何て読むの?



次に、読み方です。
AWやSSは、口で発音する場合、どのように読んだらいいでしょうか?


答えは実にシンプルなもので、エーダブリュー・エスエスと読んでOKです。
が、エーダブリューは、さらに短縮され、エーダブと呼ばれることが多いです。


もちろん、エーダブリューと読んでも間違いではありませんが、
通っぽく、エーダブと読めば、「おおお♪」ってなること間違いなしです☆


AWやSSは何月のこと?時期はいつ?



さいごに、AWやSSの時期について紹介していきたいと思います。


一年を2つに区切るとすると、AWは、9月~2月。SSは、3~8月。
こんなイメージだと思いますが、ファッションにおいては、
このイメージには当てはまりません。


何故なら、あくまでも「新商品やトレンドの紹介」として使われる単語だからです。


例えば、この記事を書いた4月の中旬。
ポカポカ陽気の日もありますが、まだまだ冬が終わったばかりという印象で、
とても半袖一枚では夜まで外出することができない気候です。


しかし、アパレルショップに行くと、もうすっかり春夏物の品揃えです。
店頭の一番目立つところには、半袖のTシャツなどが並んでいます。


このように、「売る側」と「買う側」では、若干の時期の差があります。


あくまでも、そのシーズンのトレンドの紹介としてAWやSSを使うので、
AWは、8月~1月頃。SSは、2月~7月頃が目安になると思います。


店頭に春夏物が並びだす時期、秋冬物が並びだす時期と考えれば、
この時期は凄くしっくり来ますよね。


以上、ファッション用語のAWやSSについての解説でした♪
こういう用語を知っていると、よりファッションが楽しくなりますよ!