yubiwa


指輪(リング)をはめる位置は、左右の手の指、つまり10通りもあります。
そして、その10通り全てにそれぞれ異なる意味や願いが込められています。


運気を高めるなど、願い事を叶えることができると言われているので、
是非、それぞれの10本の指につける意味を知り、指輪をはめる位置を決めましょう!


Sponsored Links



指輪(リング)をつける指で異なる意味とは?



結婚指輪や婚約指輪は左手の薬指につけるのが一般的だとされています。
こういった暗黙のルールもまた、きちんと「意味」があるものです。


ファッションでつける指輪は、左手の薬指以外、どこでもつけられるので、
その意味を知り、なりたい自分になれるよう、願掛けしてみてはいかがでしょうか?


親指につける指輪の意味は?



親指につける指輪のことを「サムリング」といいます。
英語にすると、ThumRing サムとは、親指のことを指します♪


右手の親指は、リーダーを意味します。
指導力を司るといった意味合いがあり、積極的な気持ちになりたい時におすすめです。
また、ファッションの点からすると、右手親指のリングは、オシャレさんの象徴!
他の指とはまたちょっと見え方が変わりますね☆


左手の親指は、目標の実現を意味します。
夢に向かって努力している時など、達成したい目標がある方におすすめです。
女性ならば、右手親指より、左手親指の方がスマートで、オシャレな印象です。


人差し指につける指輪の意味は?



人差し指につける指輪のことを「インデックスリング」といいます。
インデックスとは、指針や索引などの意味があります。
「指を指す」時にこの指を使うように、指し示すといった意味が込められています。


右手の人差し指は、集中力を高める効果があります。
テストなど、集中力を高めて何かを行いたい時などにおすすめです。


左手の人差し指は、自分を見つめて欲しいという意味があります。
恋愛面において、気になる人がいる時、また、恋人とよりよい関係になれるように、
と願掛けすることができます。


中指につける指輪の意味は?



中指につける指輪は、「ミドルフィンガーリング」といいます。
この指はちょうど真ん中にある指で、ひらめきや直感を意味します。


右手の中指は、イヤなものを取り払うという意味があります。
邪気を払って、力を呼び込むパワーがあると言われているので、
全体的な運気を高めたい人におすすめです。


左手の中指は、コミュニケーション能力を高める効果があります。
トラブルになりにくい、人間関係が円滑にうまくいくといった意味があるので、
人間関係に悩んでいる方におすすめの位置です。


Sponsored Links



薬指につける指輪の意味は?



薬指につける指輪は、「アニバーサリーリング」といいます。
記念の、という意味があり、結婚指輪、婚約指輪をつける場所でもあります。


右手薬指は、判断力、直観力、想像力を高める効果があります。
自分を高める意味があるので、仕事のアイディアも生まれやすく、
仕事運を高めたい人におすすめです。


左手薬指は、愛の象徴です。
古代ギリシャでは、左手の薬指には心臓に繋がる太い血管があると言われていて、
命も司る指だと信じられてきました。
その指にリングをはめることで、愛の絆を誓う、という意味があります。


特別な意味のある位置なので、恋人から貰った指輪のみをつけると良いですね♪


小指につける指輪の意味は?



小指につける指輪は、「ピンキーリング」といいます。
特定の指につける指輪の名前の中では、最もメジャーな言葉だと思います。
小指は、チャンスや秘密を意味します。


右手の小指は、幸せを逃さないという意味があります。
自分の魅力を高める効果もあるので、アピールしたい時にもおすすめです。


左手の小指には、チャンスを引き寄せる意味があります。
恋愛面での効果が高いといわれているので、恋愛成就にも最適です。
赤い糸で結ばれる…なんて時も、小指のイメージがありますので、
相手との愛を深めたい人にもおすすめです。