udedokei


私は、普段腕時計を左手首につけています。
大半の方は私と同じ、左手首につけている方が多いのではないでしょうか?


基本的に腕時計をどちらの手につけなければいけないというルールはないので、
着けやすい方、使いやすい方、好みで着けても良いとされています。


その一方で、男性は左手首に着ける、女性は右手首に着けるのが良い、
という情報も見たことがあります。
実際のところ、腕時計は、左手首、右手首、どちらに着ければいいのでしょうか?


Sponsored Links



腕時計は左右どっちに着ける人が多い?



街ゆく人を見ても、私の知人や上司、家族などを見ても、統計的に多いのは、
圧倒的に「左手首」に着けている方だと思います。
稀に右手首に着けている人を見ますが、そちらの方がレアケースなので、
「あ、この人腕時計右手首派なんだ!」と、目に入るくらいです。


インターネットで調べてみても、やっぱり圧倒的に左手首に着けている人が大半です。
これは、男女共通で、「女性は右手首に着ける方がオシャレ」という風潮もある中、
やっぱり男性も、女性も左手首に着けていることが多いようです。


腕時計を左手首に着けている人が多い理由



日本においての一番の理由は、「利き手と逆」だからだと思います。
日本人の多くの方は、右手が利き手です。私も、利き手は右です。
そのため、必然的に左手に腕時計をつける方がスムーズなんです。


利き手ではない手を使って腕時計を着けるのは実は意外と難しいです。
私の場合は利き手が右なので、左手を使って右手に腕時計をつけようとすると、
腕時計のベルトをつけるのに不便を感じます。


利き手に腕時計をつけない理由



単純に着けづらいというのも、大きな1つの理由ですが、
利き手に腕時計をつけると、生活しにくいなどの理由もあります。


例えば、利き手ではペンを取り、文字を書きます。
利き手と同じ手に腕時計をすると、文字を書く時に腕時計が邪魔になります。
これはほんの一例で、さまざまな生活の何気ない動作を腕時計が邪魔します。
そのために、利き手には腕時計を着けない人が多いのです。


また、利き手は良く使用する手でもあるので、時計が傷つきやすいです。
利き手に腕時計をすることで、あちこちにぶつけてしまう確率が上がるので、
腕時計を大切に扱いたい方は、利き手とは逆の手首につけるのが無難です。


Sponsored Links



腕時計のデザインも左手首用?



着用している腕時計のデザインにもよりますが、ごくごく一般的な腕時計は、
時刻を調節する「リューズ」と呼ばれる時計の部品があります。
15時の方向についているくるくると回せるもので、漢字では「竜頭」と書きます。


引っ張って時刻を合わせたり、日付を合わせたりするリューズは、
時計の右側にあり、「右手」で巻きやすい位置につけられています。


これは、古くから変わらない腕時計のデザインであり、ここからも、
腕時計が左手に着ける用に作られているのが分かります。
右手につけると、腕側にリューズがくるので、肌に当たることも増えます。


左利きの方などそれでも右手に着けたい方へ


左利きの方は、やっぱり左手よりも右手首につける方が利便性が高いと思います。
文字を書いたりするのも逆の手になるので、右手に腕時計を着けている方が
しっくり来ると思います。


また、最近はファッション性を高めるために右手に着ける人も多いです。
左手首に着けるさまざまな理由はあれど、スマートフォンなど、
時間を確認できる手段が今、腕時計の必要性は薄れつつありますので、
ファッションで着けている方も多いと思います。
(私も腕時計を着けているのに、スマホで時間を見ることが多々あります。)


女性の場合は特に、右手に着けることが華奢に見える、華やかに見えるなど、
オシャレであるとされている風潮もあるので、右手に着けても良いと思います。


私は、やっぱり左手に着けている方が慣れもあり、安心感があるので、
これからも左手首に腕時計を着けると思います。
たしかに右手首の内側に時計をする感じは女性らしくて素敵で憧れますが…
カジュアルなファッションをすることが多いので、やっぱり、
女ですが、腕時計は左手首、外側(手の甲)にしようと思います★