こどもの日



毎年、5月5日は「こどもの日」です。
この日は、国民の祝日に指定されていて、5月3日の憲法記念日、
5月4日のみどりの日(旧みどりの日は、4月29日、現在は昭和の日)と合わせ、
ゴールデンウィーク(大型連休)と呼ばれています。


そんな子供にも大人にもうれしいお休みの日ですが、
こどもの日の由来について、知らない日本人はたくさんいます。
本日の記事では、そんなこどもの日の由来をわかりやすく説明します。
子供にもわかりやすく説明できるような内容になっていますので、
ぜひ、お子さんにも説明してあげてくださいね♪


Sponsored Links



こどもの日(端午の節句)の由来


もともと、端午の節句は中国が起源の厄払いの行事です。
日本ではこの厄払いを、菖蒲(しょうぶ)を用いて行っていたのですが、
その葉が尖っていて剣に見えることから、
また、尚武(軍事・武道を重要視すること)や、勝負と合わせて、
「男の子」のお祝いの行事になりました。


しかし、年月が経ち、時代とともに少しずつ意味は変わっていきます。


こどもの日は、”こども”じゃなくて男の子の日?


女の子には、3月3日にひな祭りがあります。
この日は、国民の休日ではありませんが、3月3日は、女の子の日、
特に初節句はひな壇を購入してお祝いするなど、力を入れるご家庭も多いです。


こどもの日は、一般的に、鯉のぼりや、兜(かぶと)を購入して、
男の子の初節句を祝います。そのため、日本の風潮としては、
3月3日は女の子の日、5月5月は男の子の日と思っている人が多いです。


しかし、それは少し違います。
日本には、「国民の祝日に関する法律」があるのですが、そこには、
”こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する”
と書かれています。そのため、こどもの日は男の子の日でもありますが、
女の子の日でもある、まさに名前の通りの「こどもの日」です。



また、こどもの日の”子供”は平仮名になっていますが、
これにも理由があります。1つは子供にも読める、わかりやすいように、
もう1つは、子供の”供”が大人の手下のように感じられるため、
「こどもの日」と平仮名の表記になったそうです。


Sponsored Links



なぜ、こどもの日は5月5日なの?端午の節句の意味


こどもの日は、毎年決まって、5月5日です。曜日は関係ありません。
その理由は、こどもの日の別の言い方、「端午の節句」に隠されています。


端午の節句の端午(たんご)の「午」は、十二支の午(うま)です。
そして、端午の「端」には、月のはじめの意味があります。


十二支は、子(ね)、丑(うし)、寅(とら)…と数えていきますが、
年だけではなく、月にも表され、馬である午は、5月です。
そのため、5月のはじめの午の日に、端午の節句が行われていたわけです。
(カレンダーには、日にちに干支が書かれているものがありますよね♪)


しかし、それではわかりにくい…とされ、午(うま)の漢字の読みから、
午(ご)とされ、5月の5日に端午の節句が行われるようになりました。


日本におけるこどもの日とは?


昔は、「男の子の行事」とされていたこどもの日ですが、現在は、
法律上は、「こどもの行事」になっています。
しかし、今の日本でも、ひな祭りに変わる、男の子の行事として、
鯉のぼりの飾りや、兜(かぶと)の飾り、男の子の節句を祝う行事であるのは間違いありません。

昔ほど、男の子に特化した行事ではなくなりつつありますが…
「こどもの日」として、女の子も、男の子も、まとめて、
成長をお祝いしましょう。また、子供へわかりやすく説明する時は、
法律にある、母に感謝する日でもあることも、伝えておくと良いかも知れませんね♪