obento

先日、寝坊して急いでお弁当を作って仕事に向かったのですが、
いざ、お昼休みになってお弁当箱を出してみると…「え?開かない…」
そんなに力のある方ではないので、同僚の男の人にもお願いしてみましたが、
やっぱりビクともせず。本当の本当~~に、開かなくなってしまいました。

このままでは、お昼休み終わってしまいますし、ご飯も食べられません。
さあ、どうしたことか…。

私はこの後、「とある方法」で開かないお弁当のふたを開けられました★
今日は、お弁当のふたが開かなくなってしまった方への解決策を紹介します。

Sponsored Links

開かなくなったお弁当のふたを開ける方法とは?

開かなくなってしまった原因は、「朝、急いでいたから」です。
急いでいたため、炊き立てのご飯をお弁当箱に詰め、温かいまま、ふたを閉めました。

これがお弁当箱が開かなくなってしまった原因です…。
普段は冷ましてからふたを閉めるようにしているので気付きませんでしたが、
こんなにも開かなくなってしまうものなのですね。

さて、この開かなくなったお弁当箱、どうやったら開くでしょうか?

お湯で少し温めると簡単に開けられる

ネットでいろいろ調べてみたところ、お弁当が真空状態になってしまっているので、
一度温め直して、開ければ、簡単に開くとのこと!!

早速ポットのお湯を大き目のボウルに貼り、お弁当箱を入れて数十秒…
お湯から取り出して、いざ開けてみると…

あれ?パカッと開きました。

あんなに力を入れても開かなかったのに、いとも簡単に開いてしまいました。
あっけにとられてしまうくらい、本当にいつも通りに開きました!
これは、凄い。ほんの数十秒しかお湯につけてないのに…。

でも、ちょっと危険なお話もあるので、最後までお読み頂ければと思います♪

レンジに入れるのは厳禁!とても危険です

私が使用しているのは、良くある普通のお弁当箱で、ゴムパッキンがあり、
パチッと横で2つ止めるタイプのものです。
分かりづらいと思うので、商品を掲載しておきます。
↓このようなタイプのお弁当箱を使っています。

このタイプのお弁当箱の場合、電子レンジでチンするのはとても危険です。

温めれば良い=電子レンジでいいじゃん★
ってなりがちなのですが、このようなタイプのお弁当箱を電子レンジでチンすると…
最悪の場合、爆発してしまい、とっても危険です。

お弁当箱が開かなくても、絶対にレンチンはしないでくださいね。

お湯で温める時の注意点

私が使用したのは、約60度くらいのお湯を使用しました。
熱湯はちょっと怖かったので、ポットのお湯に水を入れ、少し温度を下げてから
数十秒温めてみました。

簡単に一発で開いてビックリしましたが、熱湯はやっぱり良くないみたいです。
お弁当箱の耐熱温度があるので、つける秒数は少しずつ、温度も、
熱湯ではなく、熱湯に水を入れたものが無難です。

Sponsored Links

その他の方法は?

私は会社での出来事だったので、開かなくなってしまったお弁当を
お湯につけることができましたが、出先や学校でと考えると、
お湯につけるのが難しいシーンもあると思います。

そんな時はどうしたら良いでしょうか?

いろいろ方法を見つけてみましたが、試してほしい方法は、
流水でしばらくお弁当に水をかける方法
そして、お弁当の隙間から空気を入れる方法です。

お湯が確実ですが、流水で流して温度を変えるというのは一つの方法です。
また、細いもので、ゴムパッキンのあたりから空気を入れれば真空状態がとけ、
簡単にパカッと開けることができます。
お湯より確実ではないと思いますが…是非、試してみてください。

とにかくお弁当は、完全に冷ましてからふたをするのを徹底しないと、
また、同じことが起こってしまいそうです。
まさか、こんなに開かなくなるとは思っていませんでした…。

次、同じことが起こらないように、朝は時間に余裕をもって行動します(笑)
あなたのお弁当箱も、ちゃんと開きますように…★