カーネーション4


毎年、5月第二日曜日は母の日です
日頃からお世話になっているお母さんへ、”ありがとう”の気持ちを込め、
お花のギフトを贈るのが一般的です。


贈るお花は、赤いカーネーションが定番中の定番です。
しかし、近年はさまざまな色のカーネーションが増えています。


色によって花言葉も違い、それによって母の日に贈るには不適切な色もあるので、
くわしく紹介していきたいと思います。


Sponsored Links


カーネーションの花言葉


オランダセキチクとも呼ばれることのあるカーネーションは、
母の日の花として人気があります。


また、花言葉は「」や「感動」、「純粋な愛情」など、
母の日の花にふさわしい花言葉が付けられています。


こちらで紹介している花言葉は、「カーネーション」の花言葉。
色が変わると、その花言葉も少し変わってくるんです。


そのため、母の日に赤以外のカーネーションを贈る時には、
その色の花言葉が何なのか?を、調べておくと良いです。


色によって違う!色別、カーネーションの花言葉


定番中の定番 赤いカーネーションの花言葉


赤いカーネーションの花言葉は「母への愛」です。
母の日にはピッタリの花言葉が付けられています。


特にこだわりがない場合は、マンネリ化してしまっていても、
カーネーションを贈るのが無難です。
華やかなお花なので、飾っていても、とてもキレイです。


ピンクのカーネーションの花言葉



ピンクのカーネーションの花言葉は「感謝」、「上品」です。
近年、赤に並んで人気のあるピンクも、母の日にはピッタリの花言葉です。


赤のカーネーションに比べると、もう少し色が淡く、やわらかい印象があります。
大人しいお母さんや、ピンク好きのお母さんにおすすめです。


黄色のカーネーションの花言葉


黄色いカーネーションの花言葉は「嫉妬」、「軽蔑」です。
母の日に贈るお花としては、あまりふさわしくない花言葉です。


しかし、近年は良く母の日ギフトに黄色のカーネーションを見掛けます。
花言葉的にはあまり良くないですが、黄色は風水的にも良く、
見て元気になれるお花だからでしょうか…?


オレンジのカーネーションの花言葉


オレンジのカーネーションの花言葉は「純粋な愛」や、
「あなたを熱愛します」といった意味です。



赤やピンクのカーネーションと比べると、母の日の意味よりも、
恋愛的なニュアンスの言葉が多いです。


そのため「母」としても、「妻」としても、感謝している気持ちを伝えられる、
旦那さんから、奥さまへの母の日のプレゼントにおすすめの色です。


紫のカーネーションの花言葉


紫のカーネーションの花言葉は「気品」や「誇り」です。
かわいらしい色のカーネーションをこれまで紹介してきましたが、
紫はクールな印象もあり、赤やピンクにはない大人っぽさがあります。


花言葉の意味も悪いものではなく、尊敬の意味も伝えられます。
いつもはなかなか口に出せない感謝の気持ちと一緒に贈ってください。


Sponsored Links



白いカーネーションの花言葉


白いカーネーションの花言葉は「純潔」や「尊敬」です。
花言葉的にはとても良い、母の日にふさわしい花なのですが、
元々、白いカーネーションは亡くなったお母さんへ贈るものとされてきました。


そのため、ご存命のお母さんに贈るのは不適切です。
花言葉を知らずに贈ってトラブルに…なんてことのないようにしてください。


濃赤のカーネーションの花言葉


濃赤のカーネーションの花言葉は「欲望」や「心に悲しみを」です。
暗い赤、黒に近くなればなるほど、良い花言葉ではなくなります。


ふちどりのあるものなど、スタイリッシュなデザインも多く、
目を奪われてしまうこともありますが、母の日にはこれもまた不適切ですね。


青のカーネーションの花言葉


青いカーネーションの花言葉は「永遠の幸福」です。
お母さんの永遠の幸せを願って贈るのも良いですね。


また、青いカーネーションはなかなか作れない珍しいものなんです。
遺伝子組み換えなどを行うか、着色するかでしか、
青は出せません。そういった特別感もまた、プレゼントらしいですよね。