randoseru


ランドセルは、決して安いものではありません。
素材によって値段はピンキリで、牛革やコードバンなどの素材を使ったものは、
5万円以上の価格になるものもたくさんあります。


一般的なクラリーノと呼ばれる素材で作られたランドセルは、
3万円~5万円くらいの値段で、一番人気の価格帯でもあります。


3万円~5万円が相場としても、やっぱりランドセルは高いですね…。
そのため、近所の子供やお姉ちゃん、お兄ちゃんのお下がりにしようかな…と
考えている親御さんも少なくはありません。


Sponsored Links

ランドセルのおさがりはアリ?ナシ?



うちには中学生の娘と小学校6年生の息子がいますが、
ランドセルは、どちらも「新品」を準備して、6年間使用していました。


物を大切に使える娘のランドセルもまだ家に置いてありますが、
使用感があり、新小学一年生におさがりであげようという気にはなりません…。


下の子は現在もランドセルを背負って小学校に通っていますが、
彼のランドセルに至っては、金具の部分が少し変形してしまったようで、
ちょっと閉まりにくいようです。


やっぱりどんなに綺麗に使っていても、6年間毎日のように使用するものなので、
それを見ている私としては、個人的にはお下がりはナシかな?と思います。


お下がりを使うメリット



でも、お下がりのランドセルは、安く手に入れることができるので、
やっぱりそれなりのメリットもあります。


お姉ちゃんやお兄ちゃんが使っていたものなら、本人も気兼ねなく使えますし、
お友達などから頂いたものでも、多少のお礼で済みますので、
ランドセルの購入代金を大きく浮かせることができます。


また、最近はヤフオクやメルカリなどで中古品を購入しやすい環境にあるので、
知り合いなどのツテがない場合は、そういったサイトを利用して、
中古のランドセルを見つけることができます。


中古のランドセルを購入する場合の相場も、新品のランドセルの1/10くらいで、
非常に安く買えるので、とってもお得です。

お下がりを使うデメリット



お下がりを使うデメリットは、やっぱり使い古されたものであるというのが、
一番大きいデメリットだと思います。


新一年生の多くはみんな、ピカピカのランドセルで登校してくるので、
お下がりのランドセルを背負っているのは意外と目立ってしまいます。


私立の小学校に編入したためや、壊れてしまった場合など、特別な理由がない限り、
6年間使用したものを更に6年間使用することになりますので、
ボロボロとまではいかないにしても、結構な使用感が見られると思います。


また、自分で色やデザインなどを選べないのもデメリットですね。
今の小学生の入学式は、ランドセルが非常にカラフルです。


男の子は今の時代も黒がとても人気ですが、紺色や青、茶色の子もいます。
女の子は昔とは違い、赤よりも濃いピンクの方が主流になりつつあり、
水色や紫色、ツートンカラーやメタリックカラーも増えてきています。


中古品やお下がりになると、色のチョイスが難しいのもデメリットの1つです。


Sponsored Links



お下がりや中古のランドセルだといじめられる?



そして、親として気になるのは「いじめ問題」です。
お下がりや中古の古いランドセルだと、いじめの原因になりうるのでしょうか?


とても曖昧ですみませんが、なる可能性もあるし、ならない可能性もあります。
ランドセルが全てではありませんので、何とも言えない部分がありますが、
1つの要因になってしまうケースもあるかも知れません。


特に小学生の低学年は、とても素直で正直なお子さんが多いです。
何の悪気もなく、「〇〇ちゃん(くん)のランドセル何でピカピカじゃないの?」
なんて聞くお子さんもいるかも知れません。


個人的な意見ですが、ランドセルは高いお買い物であるのは間違いないですが、
その値段に見合った、長い間使うものであると私は思います。
例えば、3万円のランドセルを購入するとなると、1年間5,000円の計算です。
そう考えると、決して高いお値段ではないので、いじめの原因を作らないためにも、
新品での購入をおすすめします。