Halloween


ハロウィンは、10月31日です。
10月の最終日がハロウィンの日ですので、曜日に関係なく、
今年も来年も、この先もずっと、10月31日がハロウィンです。


ハロウィンイベントが人気のディズニーランド・シーや、
ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)では、9月上旬~イベントがスタートします。
約2ヶ月弱、ハロウィンのイベントをやっていることからも分かる通り、
ハロウィン市場の大きさが伺えます。


ここ3~4年は、バレンタインデーよりも市場が大きいとされるハロウィン。
そもそもの始まりはいつ頃、どの国が発祥になっているのでしょうか?


Sponsored Links

ハロウィンは、いつ頃、どの国で生まれたの?



ハロウィンというと、アメリカのイメージが強いかと思いますが、
実は、ヨーロッパにある「アイルランド」が発祥の国です。


アイルランドに住んでいたケルト人という民族が、悪魔や悪霊を追い払うため、
また、秋の作物の収穫を祝うお祭りとして、行われていたのがハロウィンです。



古代ヨーロッパの頃のお話で、今でも伝説がいくつも残っています。

ケルト人のハロウィンとは?



ケルト人の1年は、11月1日~翌年10月31日までです。
つまり、ハロウィンとは、現在の「大晦日」を指します。


1年の終わりである10月31日は、亡くなった方の霊が家族の元に帰ってくる日です。
また同時に、他の霊もたくさん訪れる日とされていました。
イタズラをするような、いわゆる悪霊も一緒に来ると言われていたんです。


そのため、ジャックオーランタンというカボチャをお供え物として飾ったり、
魔除けの火を焚いたり、仮面を被ったり、仮装をして、
霊に”仲間”と思わせ、イタズラをされないようにしたりしました。


これが、現在のハロウィンの由来になっています。

ハロウィンの始まりは、日本のお盆に似ている?



亡くなった方の霊が帰ってくる日…日本でもありますよね。
そう、「お盆」です。ハロウィンにはカボチャを飾りますが、
日本のお盆では、ナスやキュウリの野菜をお供えします。


日本のお盆は、亡くなった家族の霊が帰ってくるだけで、
悪霊などの恐ろしい霊が来るとはされていませんが、通ずるところがあります。


Sponsored Links


日本におけるハロウィンの始まりは?



クリスマス、バレンタインデー、イースターなど、海外が発祥となる
日本のイベントはいくつもあります。
その中でもハロウィンは、ここ数年で人気が根付いたイベントでもあります。


日本におけるハロウィンは、いつ頃始まったのでしょうか?

始まりはディズニーランドのイベント



私たちが子供の頃は、「ハロウィン」という言葉自体は知っていても、
イベントを行ったり、仮装・コスプレをするようなことはなかったと思います。
いつからか、大手テーマパークを始め、さまざまなところでイベントが行われ、
大人も子供も、仮装・コスプレを楽しむようになりました。


この始まりは、1997年に初めて行われたディズニーランドのイベントです。
「ディズニー・ハッピーハロウィーン」と題されたそのイベントは、
1997年以降毎年行われていて、秋のイベントとして定着していきました。


さらに、2002年には、USJでもハロウィンイベントが行われるようになりました。
この頃にはすっかり日本人にも定着していきましたが、実際に人気に火がついたのは
ここ5年くらいのことだと思います。

ハロウィンが人気になった理由



日本人は、海外への関心が高く、また、年間行事を重んじる国民性があります。
例えば、クリスマスが良い例です。ご存知の通り、本来のクリスマスは、
キリスト教のイベントであり、日本人の多くは関連性を持ちません。


ハロウィンも同じで、宗教的な背景は無視して、「イベント」として、
仮装やコスプレ、飾りつけなどを楽しむようになりました。


日本の秋には大きなイベントがないというのも一つの要因です。
お祭り・イベントごとが好き!楽しみたい!という国民性が、
日本でのハロウィンの始まり
です。