kotatu


10月になると徐々に外の気温も下がり、暖房器具が必要になります。
石油ファンヒーターやガスファンヒーター、エアコン、ホットカーペットなど、
暖房器具にもいろいろありますが、多くの家庭にあり、とても過ごしやすくなるのが
「こたつ」(炬燵)です。


我が家も冬にはリビングにこたつを出し、みんなでぬくぬくしています。
冬場は自然とこたつのあるリビングにいる時間も長くなるように感じます(笑)
そんなこたつは、例年、いつ頃に出すのが理想でしょうか?
また、こたつを出す日はどんな日が良いのでしょうか?


Sponsored Links

こたつを出す時期はいつ頃?



住んでいる場所によっても違いますが、うちは、例年少し早めに出しています。
だいたい10月には出すようにしています。
早めに出す理由は、私が寒がりということもありますが、早めに出しても、
電源さえ入れなければ、ブランケットのように使えるので、
寒い日のみ電源を入れ、寒くない日は電源オフで使うようにしています。


寒くなってからは、こたつを出すのも億劫に感じてしまうこともあるので、
ちょっと早めの10月中旬~あたりがおすすめです。


しかし、日本の歴史や風習を見ると、こたつは11月に出すのがベストなようです。


こたつ開きの日とは?


こたつは江戸時代から使われている暖房器具です。
江戸時代は、旧暦の10月(現在の11月)の亥(いのしし)の月の
亥の日を「こたつ開き」や「炉開き」とし、この日に出すのが風習
となっていました。


この亥の月・亥の日に出すことによって、火事を防ぐという意味合いがあります。
現在も、「亥の日にこたつを出すと良い」という風習は残っています。
それを考えると、我が家のように早くは出さず、11月の亥の日に出す方が
良いのかも知れませんね。


なぜ、亥は火事を防ぐといわれているのか?


摩利支天という神様をご存知でしょうか?
インドの女神様でありながら、仏教の神様でもあり、太陽や月、陽炎など、
炎の神と呼ばれている神様で、イノシシにまたがっています。


炎の神、摩利支天に仕えているイノシシは火を免れるとされており、
そういった理由から、「亥の月・亥の日」にこたつを出すと火災が起こらない、
とされていたわけです。


Sponsored Links


2017年の亥の月・亥の日はいつ?



2017年の亥の月・亥の日は、2回あります。
亥の月は11月のこと、亥の日は12日(干支の数)に1回くるので、
今年は2回ですが、3回来る場合もあります。


2017年11月8日(水曜日)
2017年11月20日(月曜日)



今年は、この2日間が「亥の月・亥の日」です。
江戸時代の場合は、一番目の亥の日に武家がこたつ開きを迎え、
二番目の亥の日に庶民がこたつ開きをしたそうです。



2017年10月3日(水曜日)
2017年10月15日(日曜日)
2017年10月27日(金曜日)


2017年12月2日(土曜日)
2017年12月14日(木曜日)
2017年12月26日(火曜日)



亥の月ではなくなりますが、こちらも亥の日なのでこたつを出すには適しています。
現在の日本では、「亥の月」に出す風習はほとんどなくなってきていて、
「亥の日」に出す風習のみが残っているように思えるので、
10月または12月の亥の日を狙って出すのでも、良いと思います。


個人的には早めに出したいので、2017年10月15日(日曜日)がベストです♪
日曜日でお休みの日なので、今年はこの日をこたつを出す日にしたいな~と
思っています。


戌の日にこたつを出すのは間違い?


尚、こたつを出すのに適した日は、「戌の日」ではありません。
戌(いぬ)の日と間違えて覚えてしまっている方が非常に多いようですが、
(そんな私も大人になるまで戌の日だと思っていました…)
正確には、「亥の日」です。


が、私の周りの方に聞いてみても、「戌の日」だと仰る方が多いんです。
うちの祖母や母も、「戌の日」だと言っています。
気になって調べてみると、私の住んでいる北関東あたりでは、
こたつを亥の日ではなく、戌の日に出す
と、伝わっているようなんです…
なんでだろ?単なる聞き間違い?


通りで私も大人になるまで、「戌の日」だと思っていたわけだっ(笑)
もしかしたら、北関東では「戌の日」が正解なのかも知れませんが、
江戸時代から伝わる風習的には、「亥の日」、これが一般的だとされています。