hikouki


夏場の国内旅行や、暑い地域への海外旅行の際は、虫除けスプレーが必須です。
国内旅行の場合は、日本各地どこでも安心・安全の虫除けスプレーを買えるので、
飛行機での旅行とは言え、必ずしも、家から持っていく必要はありません。


しかし、海外旅行の場合は、日本製の虫除けスプレーを購入出来ないため、
安心や安全のため、家から虫除けスプレーを準備して持っていくのが無難です。


家から虫除けスプレーを準備して飛行機に乗る場合、
機内に持ち込むことは出来るのでしょうか?
スーツケースに入れて貨物として預ける場合、また、手荷物として持ち込む場合、
どちらの場合も、持ち込みが可能か調べてみました。


Sponsored Links


虫除けスプレーの缶は飛行機に持ち込める?


虫除けは、主にスプレータイプの缶と、液体タイプのものとがありますが、
どちらの場合も、飛行機内に持ち込むことが出来ます。


特に国際線、海外旅行の場合は、近年デング熱などの流行もあり、
虫に刺されないように、充分注意する必要があります。
世界各国でも虫除けスプレーの販売はありますが、日本語では書かれていないため、
日本国内で買ったものを持ち込む方が安心です。


特に、小さなお子様を連れての海外旅行には虫除けスプレーは必須です。
海外製のものは、子供でも安心して使えるものばかりではないので、
きちんと事前に準備して、飛行機内に持ち込みましょう。


飛行機内に虫除けスプレーを持ち込む方法は2つあります。


1つは、お財布などの荷物が入った自身の手荷物として、飛行機内、
自分の座席まで持っていく方法
です。


もう1つは、着替えなどの入ったスーツケース、キャリーケース、
ボストンバッグなどの荷物と一緒に入れ、機内へ「貨物」として預ける方法
です。


結論としては、どちらの方法でも飛行機内に虫除けスプレーを持っていけますが、
おすすめは、方法2として紹介した、貨物として預ける方法です。


手荷物として持ち込むべきではない理由は?


まず、手荷物として機内の自身の座席まで虫除けスプレーを持っていく場合には、
いろいろと持ち込むにあたっての細かいルールがあります。


1つの容器の内容量が0.5リットルまたは0.5キロ以下で、一人あたり2リットルまで、
というルールがあります。
また、国際線、海外旅行の場合は、100ミリリットルを超える容器に入ったものは、
手荷物として預けられないという制限付き
です。


さらに、手荷物として機内に持ち込む場合は、その容器をさらに、
チャックの閉まるプラスチック製の袋に入れる必要があります。
簡単に言うと、ジップロックの袋です。


このように、いろいろなルールをクリアーして、初めて機内に持ち込めます。
が、良く考えてみてください。


虫除けスプレーは、「現地」で使うものです。
空調が管理された飛行機内や、空港内で使用することはほとんどないため、
飛行機内の座席まで持っていく必要がありません。


そのため、手荷物としてわざわざ細かいルールを守るよりも、
貨物として預ける方法を選択してしまった方が、より簡単なのです。


Sponsored Links


スーツケースなどに入れて貨物として預ける方法は?


貨物として預ける場合にも、一応、細かいルールは存在します。
1つの容器に対して500ミリリットル、ひとりあたり、2リットルまでです。
ここは、手荷物として持ち込む場合と同じです。


しかし、国内線、国際線(海外旅行)、どちらの場合も、
ジップロックなどの袋に入れる必要はなく、そのまま預けることが出来ます。


慣れない飛行機での移動ですと、荷物チェックなどにヒヤヒヤしますが、
ちゃんとそのまま預けることができるので、安心してください。


ただし、ひとりあたり2リットルまでというルールは、
医薬品や日用品、化粧品などの液体などを含めたルールになりますので、
その点だけ、注意してください。


虫除けスプレーの缶は、200ミリリットルくらいのものが定番ですので、
貨物として持ち込むのは、全然問題ありません。

海外旅行の場合は特に、蚊が媒体するマラリアやデング熱などが怖いので、
必ず、虫除けスプレーを持参し、防除に努めてください。