kutu


急な雨に降られ、ビショビショに濡れてしまった靴。
子どものスニーカーなど泥に汚れ、キレイに洗った靴。
濡らすのも洗うのも簡単ですが、乾かすのは時間が掛かり非常に大変です。


替えの靴があれば良いですが、一晩でどうしても乾かしたい!!
梅雨や台風の時期は特にそんなシーンもあると思います。


今日は洗った靴、濡れた靴を素早く短時間で乾かす方法です。

Sponsored Links


濡れている靴を素早く乾かす方法


まず、とにかく短時間で早く乾かしたいのであれば、
乾かすことよりも先に水気を切ることが重要になってきます。
ポタポタと水が垂れるようなものをいくら干してもなかなか乾きません。

1.脱水をかける


一番に行いたい方法は、「脱水」です。
とにかく乾かすことよりも水気を切ることを優先して行いたいので、
洗濯機の脱水にかけてしまうのが一番です。


またこの時、中敷きが外せる靴ならば、外して脱水をかけると尚良いです。

2.キッチンペーパーを詰める


短時間で素早く乾かすために、キッチンペーパーを使います。
私は子どもの頃、良く新聞紙を詰めて乾かす方法を使っていましたが、
キッチンペーパーの方が水を良く吸収するので、良いとされています。


あいにくうちは新聞をとっていないので、この方法は大助かりです。
うちのように新聞をとっている人ばかりではなくなった今、
キッチンペーパーを使うのが効果としても、一番です。


新聞のインクが移ることもないので、白いスニーカーにも適しています。
新聞同様、くるくると丸め、つま先からかかとまで、詰めていきます。

3.干す


脱水、そしてキッチンペーパーでの吸水をした後、干していきます。
我が家はお風呂に乾燥機能がついているのでお風呂に干していますが、
ない方は、室内干しでも大丈夫です。


干し方は、中敷きは中敷きで洗濯バサミを使って干します。
スニーカーやスリッポンなどの靴は、つま先が下に来るように干します。
靴用のハンガーなどがあればそれを使って干すと良いですが、
ない方は、立てかけるだけでも良いです。

4.時短テクニック


さらに時短するために、キッチンペーパーはこまめに取り替えます。
だいたい30分に1回ほど取り替えるようにすると、
それだけでもだいぶ靴の水分を取ることが出来ます。


さらに、ドライヤーを使うと素早く乾かすことが出来ます。
ドライヤーは髪の毛を乾かす時よりも若干離して、遠くから温風を当てます。
扇風機やサーキュレーターなどの風を当てるのも効果的です。


Sponsored Links



とにかく初めは、濡れた靴の水気を取ることが最優先です。
その後、乾かす方法にシフトしていってください。


キッチンペーパーこそ必要になりますが、新聞紙で代用できるため、
この方法であれば、自宅でも会社でも出先でも何となく実行できると思います。
普通に干すよりも早く乾かすことが出来るので、是非参考にしてください。

コインランドリーを使用する方法


コインランドリーには、靴専用の乾燥機が置いてある場合があります。
私の家の近くのコインランドリーにはこの乾燥機が置いてあるので、
明日までに乾かしたい!!という急ぎの時は、乾燥機にかけることもあります。


コストはかかりますが、確実に乾かしたい方にはおすすめです☆


さらに時短したい場合のおすすめグッズ


以前、ヒルナンデス!にて「激取りMAX靴ドライ」という商品が紹介されました。





この商品は、シリカクリンを使用し、素早く乾燥&消臭させるグッズです。
雨に濡れた靴もイヤな生乾きの臭いが残らず、キレイに乾きます。
消臭のみならば約60分、乾燥は約2時間で終わるというから驚きです。


2時間で靴を乾かすことが出来るなんて、ビックリですよね。
一晩とは言わず、たった2時間です。本当素早い乾燥が可能です。


使い捨てではなく、繰り返し使用できる商品とのことですので、
一家に1つあると、凄く便利なのではないかと思います☆


我が家も小学生の息子が日曜日の午後になって、
「ヤバイ!上履きと体育館履き洗うの忘れてた!!」な~んてことがあるので、
そういった時のためにも1つ常備しておこうかなと思っています。