kaze


今年の夏は寒暖差が大きく夏風邪をひいてしまった方も多いのではないでしょうか。
そんな夏も終わり、随分秋も深まったな~と感じる季節になりました。
この季節の変わり目の今や、これから冬に向けて寒くなってくる時期は、
さらに風邪をひく方が増えていきます。


また、それと同時にインフルエンザも流行すると考えられます。
風邪をひいてしまい発熱がある時はとても辛いですが、水分補給は絶対です。
今日は、風邪をひいた時の水分補給に適しているといわれている
スポーツドリンクについてのお話です。


俗に良いとされているポカリスエットとアクエリアス。
どっちを飲むのが良いのでしょうか?



Sponsored Links


ポカリスエットとアクエリアスはどっちが風邪に良い?


スポーツドリンクと言えば、ポカリスエットとアクエリアスですよね。
スーパーやコンビニに置いてないことはないといっても過言ではありません。


スポーツドリンクは、「スポーツ」とあるように、
元々は、運動して汗をかいた時の水分補給や疲労回復目的に作られた飲み物です。
しっかりと体に水分を補給できるので、運動にはピッタリです。


最近では、熱中症対策としても強くおすすめされていますね♪
このことからも分かるように、ポカリスエットとアクエリアスといった
スポーツドリンクは、体に良く効率的に水分を補給出来る飲み物です。

ポカリスエットとアクエリアスの違い


スポーツドリンクの代表格であるポカリスエットとアクエリアスですが、
個人的な感想としては、味は全くの別物だと思います。
ポカリスエットの方が甘く、アクエリアスはサッパリとしている印象です。
ポカリ派もアクエリ派もいると思いますが、どっちもとても飲みやすいです。


そんなポカリスエットとアクエリアスには、成分に違いがあります。

・ポカリスエット(100ミリリットル)


エネルギー 27キロカロリー
炭水化物 6.7グラム
ナトリウム 49ミリグラム
カリウム 20ミリグラム
カルシウム 2ミリグラム
マグネシウム 0.6ミリグラム


原材料 砂糖、ぶどう糖果糖液糖、果汁、食塩、酸味料、アミノ酸など

・アクエリアス(100ミリリットル)


エネルギー 19キロカロリー
炭水化物 4.7グラム
ナトリウム 34ミリグラム
カリウム 8ミリグラム
カルシウム 0.8ミリグラム
マグネシウム 1.2ミリグラム


原材料 高果糖液糖、はちみつ、ローヤルゼリー、トレハロース
甘味料(スクラロース)、アルギニン、クエン酸、海藻エキス、
イソロイシン、ロイシン、バリンなど


Sponsored Links



比較してみると、原材料は大きく異なるものの、含まれている栄養素は同じです。
マグネシウム以外は、ポカリスエットの方が含有量が多い結果となりました。


この中で注目すべきは、「ナトリウム」含有量です。
ナトリウムは、いわゆる塩です。
熱中症対策に良いとされる塩は、人の体にとても必要なものであり、
風邪をひいている時、発熱時に摂取したい栄養素の1つです。


子どもが風邪をひいた時、インフルエンザにかかった時などに病院に行きますが、
内科や小児科の先生も「ポカリスエットを飲ませてください」とおすすめされます。


アクエリアスではなく、やはり、ポカリスエットが理想なようです。
どっちかを選ぶのであれば、ポカリスエットを購入すると良いです。


アクエリアスよりもポカリスエットが良い理由は?


先述の通り、ナトリウムが多く含まれていることに加え、
ポカリスエットは、アクエリアスと比較して炭水化物も多く含まれています。


ポカリスエットは、点滴と同じような成分で、人の体液により近い飲み物です。
そのため、風邪をひいている時の栄養分の補給にピッタリです。


対するアクエリアスは、クエン酸が含まれていたり、アミノ酸が多いので、
疲労回復効果が高い飲み物です。
運動後に飲むのであれば、ポカリスエットよりもアクエリアスがおすすめです。


余談ですが、ダカラにはナトリウム分が含まれていないので、
風邪の時にダカラを飲むのはあまり得策ではありません。
ポカリスエットでしっかり水分を補給して、ゆっくり休んでくださいね★