shuukakusai


毎年、11月23日は「勤労感謝の日」、国民の祝日の1つです。
春分の日や秋分の日などの毎年日にちの異なる祝日ではないので、
11月23日というのは、何となく覚えている方も多いのではないでしょうか?


ありがたいお休みの日ですが、その意味を知ってる人はとても少ないです。
勤労感謝の日とはいったい、誰に何を感謝する日なのでしょうか?


Sponsored Links


勤労感謝の日は誰に何を感謝すれば良いの?


国民の祝日に関する法律、いわゆる「祝日法」によると、
「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝し合う」
これが、勤労感謝の日の趣旨となります。


ここにある「たつとび」というのは、尊び、ということみたいです。
働くことを尊び、それによる生産を祝い、みんなでありがとうの気持ちを持とう
というのが、現代風に言った趣旨になるかと思います。

ネガティブな勤労感謝の日の意味


勤労感謝の日間近になると、「勤労感謝の日なのに仕事だ~」とか、
「感謝の気持ちが感じられない」などのネガティブな意見も良く耳にします。


ネットでは、「税金をもっと納めなさい」という遠回しな表現だとか、
「祝日にするからお金使ってね」という意味でしょ?など、
散々に言われています。


中には、国(政府)が税金を納めながら働く国民に感謝する日!
な~んて意見もあるそうです。


たしかに…。と思ってしまう部分も多々ありますが、
祝日法的には、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝し合う」
働いている人を重んじ、みんなでありがとうという気持ちを持つ、
これが、勤労感謝の日の意味です。


子どもに簡単に説明するには?


間違えないで欲しいのは、決して働いている人がエライよ!
という祝日ではないことです。
勤労をたつとび、とあるように、仕事があることにも感謝する日であり、
仕事がない人も、勤労している人を重んじる日です。


それはお金が発生するもの、しないもの関係ないと思うので、
子どもに教えるのであれば、働いているパパ(ママ)がエライという
ニュアンスではなく、家事をしてくれるママ(パパ)にも感謝する日。



Sponsored Links


そして、お世話になっている周りの人や野菜を生産してくれる農家の方、
いろんな人がいて、生きることが出来ているということを教え、
「ありがとう」の気持ちをみんなに持てるようにしていただけたら、と思います。


どうしても、働いている人だけがエライという風になりがちですからね…。
ごはんを作ってくれる人も、お洗濯や掃除をしてくれる人も、
”みんなにありがとう”子どもにはそういう教え方が良いと思います。



勤労感謝の日は本来収穫祭だった?


勤労感謝の日は元々、新嘗祭(にいなめさい)と呼ばれる宮中祭祀の1つでした。
この新嘗祭というのは、天皇が神に新米をささげ、感謝する日
簡単に言うと、収穫祭に当たります。


食欲の秋ともいわれるように、秋はさまざまな食べ物の旬の時期です。
その年の実りに感謝し、来年も作物の生産をお祈りする意味があります。


現在の勤労感謝の日の趣旨に「生産を祝い」という言葉が入っているのは、
この新嘗祭と呼ばれる収穫祭に由来していることを表しています。

この頃は国民のほとんどが農家だったといわれていますから、
生産者に感謝する気持ちを持つということも含まれた収穫祭だったのだと思います。


現在では収穫祭の意味合いは薄れてしまい、勤労に関して、
「感謝」をする日となっていますが、もともとは、収穫祭であり、
生産物に感謝する日でもありました。


勤労感謝の日の意味・由来はこのような感じです。
誰か何に感謝するべきか?私は、収穫祭であったことも考慮して、
勤労をしている全ての人、また、作物に対しても感謝する気持ちを
持ちたいな~と思いました。