jyozai


大きい錠剤はのどに引っかかるような感じがあって苦手!という方も多いです。
薬は食べ物ではないというイメージから、口やのどが拒んでしまう…
大人の方でも錠剤が飲めない人はたくさんいます。


私はむしろ錠剤は飲めるものの、粉薬が苦手で上手に飲めないので、
過去に「大人なのに粉薬が上手に飲めない!飲み方のコツは?
という記事を書かせていただきました。
凄く反響を頂きましたので、今回は逆の錠剤の飲み方のコツを紹介します。

Sponsored Links

錠剤を上手に飲むにはどうしたらいい?


鎮痛剤(頭痛薬)などのお薬や健康のためのサプリメントなど、
なかなか顆粒タイプなどの粉薬が少なく、錠剤しかないこともあります。


また、病院では「錠剤が飲めないこと」を事前に伝えておけば、
飲みやすい小さい錠剤のものや粉薬に変えてくれる
のですが、
既に処方されてしまった場合など、錠剤を飲まなきゃいけないこともあります。


まずは錠剤を上手に飲むコツを紹介します。

飲み方のコツは?

乾いた口の中に錠剤を入れると、どうしても引っかかりやすくなるため、
まずは、一口水を飲んで口の中を潤しておきましょう。


錠剤は水に浮かべると沈む性質があるので、錠剤を飲み込む時は、
錠剤を舌の先に置き、水を含んだら、上を向いて流し込むと良いです。


カプセルは逆に水に浮く性質があるので、下を向いて飲む方が良いです。


いくつもの錠剤を飲まないといけない時は大変ではありますが、
このようにすれば、のどに引っかかるような違和感もなく、
するっと飲み込むことができます。


私も実際にやってみましたが、上を向いて飲んだ方がスムーズに飲めました。
するっと入っていくので、水だけを飲んだ感覚と変わりません。

錠剤が飲めない人の奥の手とは?

別のものと一緒に飲み込む方法です。
粉薬が飲めない私は、ゼリーなどと合わせて飲むようにしていますが、
錠剤の場合も同じで、ゼリーと一緒に服用するのはとてもおすすめです。


市販のものでは、子ども用の「おくすり飲めたね」や、
大人用の「らくらく服用ゼリー」などがあります。


ヨーグルトに入れて一緒に食べてしまう方法などもありますが、
ヨーグルトと抗生物質は一緒に食べてはいけないなど、
飲み合わせの問題も出てくるので、”薬を服用する目的で作られている”
「おくすり飲めたね」や「らくらく服用ゼリー」がおすすめです。


折角服用したのに、薬の効果が半減してしまったら元も子もないですからね。


Sponsored Links



また、大きい錠剤は飲めないけれど、小さい錠剤なら何とか飲める!
という方には、ピルカッターも方法の1つとして紹介しておきます。


ピルカッターとは、硬い錠剤をカットしてくれる便利アイテムです。
さまざまな大きさの錠剤に対応しているので、錠剤をセットして、
パチンとすれば、誰でも簡単に錠剤を小さく割ることができます。





特に錠剤に割線と呼ばれる線が入っているものは、
カットしても成分などに何も問題がないとされている印ですので、
ピルカッターで割って飲むのに適しています。


しかし、それ以外のものは、効果に問題があらわれることもあるので、
病院で処方されたお薬は、医師や薬剤師に相談してから割る方がいいです。


病院での処方薬は、ほとんどの場合、替えが効くものです。
薬は一種類ではないので、錠剤が飲めないとあれば、
同様の症状に効果がある粉薬を処方してくれるものですので、
処方される前に「錠剤が苦手なので、粉薬にしてもらえますか?」と
お願いしておけば、万事解決です☆



私は粉薬が飲めないので病院では良く錠剤でお願いしますと、
お願いをしています。
大人なのに…という若干の恥ずかしさはあるものの、
やっぱり苦手なものを飲むのはツライので、先にお願いするのが一番です。


錠剤が苦手で飲めない大人、粉薬が苦手で飲めない大人、
どちらも意外と多いものですから、心配しなくても大丈夫です♪
勇気を出して、一度先生に相談してみてくださいね。