waishatu


ワイシャツのボタンの掛け合わせは、男性用・女性用で異なります。
その違いについて知っている方は多いと思いますが、
なぜ違うのか?と言われると、理由を知っている人は少ないのではないでしょうか?


なぜ、ワイシャツのボタンの掛け合わせが男女で逆になっているのか、
その違いや理由について詳しく調べてみました。

Sponsored Links


ワイシャツのボタンの掛け合わせの違い


ワイシャツのボタンの掛け合わせは、男性用・女性用で異なります。








上がメンズのワイシャツ、下がレディースのワイシャツです。
メンズはボタンが右についていて、レディースは左についています。


着用しているとそれほど目立って気になるものではないですが、
男性はメンズを、女性はレディースを着るのが一般的です。


デザインの上では、ボタンが右にあろうと左にあろうと、
さほど変わらないように思えますが、なぜ、男女に違いを設けたのでしょうか?

男女の違いの歴史は13世紀に遡る


今は男性も女性も、ボタンのついた洋服を着ることは良くありますが、
13~14世紀、古くはボタンのついた洋服は上流階級の人が着る洋服でした。


ヨーロッパの宮廷で生活する人たちが着ていたのがシャツの起源です。
今でこそ、一般的な洋服の1つとなっていますが、昔は、
一般の人がシャツを着るなんてことはなかったようです。


そんなヨーロッパで生まれたのが、男女のシャツのボタンを逆にする習慣です。


その理由として良く言われているのが、
「男性は自分で洋服を着替えるから、女性は人に着替えさせてもらうから」
という理由です。

男性は着替えやすく、女性は着替えさせやすく


当時のヨーロッパは今と同じく、右手を利き手とする人が多かったため、
自分で洋服を着替える男性がボタンを掛けやすいようにと、
右にボタンをつけた
と言われています。


女性も右利きが多いということになりますが、
宮廷に住む上流階級の女性は、使用人に洋服を着替えさせてもらうのが普通です。


そのため、着替える本人ではなく、着替えさせる使用人が
シャツのボタンを掛けやすい左にボタンをつけた
と言われています。


Sponsored Links



こうして、ワイシャツのボタンが男性と女性で違うという風習が生まれました。
これが現代にも根強く残っている、というのが一番の有力な理由です。


そしてもう1つ。シャツのボタンが男女で逆になっている理由があります。

レディースであることの証明


現代の日本では、男性と女性のファッションの差が縮まってきています。
例えば、昔の女性はパンツを履くことはなく、パンツは男性の服装でした。
しかし現在は、パンツスタイルの女性も普通です。


女性は女性らしいファッション、男性は男性らしいファッションをする、
今でもそういう部分は残りますが、その差は本当に縮まってきていると感じます。
ここ最近では、男性もスカートを履いたりするようです。


しかし、昔は女性はレディースを、男性はメンズをというのが当たり前です。
ワイシャツというアイテムも元々は男性の洋服として根付いたものなので、
女性が公共の場で男性のようなファッションをするのは…と、
考えられていたそうです。


そこで、ボタンの掛け合わせに違いが設けられたといいます。
メンズのワイシャツのボタンを右に、レディースのワイシャツのボタンを左に、
そうすることで、女性服を着ていますという証明になったのだそうです。



・男性は自分で着替えるから、女性は着替えさせてもらうから
・男性らしい、女性らしいファッションをするため

ワイシャツのボタンの掛け合わせは男女で逆となっている理由について、
2つの説を紹介させていただきました。


有力なのは、ヨーロッパの宮廷でのお話ですが、男性は男性服を、
女性は女性服をという昔の考えも、一理あると思ってしまいます。


最近は、ユニセックス(男女兼用)のワイシャツも増えてきているので、
そんなにメンズ、レディースにこだわった感じも少なくなってきましたが、
大人のマナーとして、ワイシャツのボタンの掛け合わせの違いについて、
ちょっと頭に入れておくといいかも知れませんね。