tatoo


イベントなどで最近良く用いられるタトゥーシール。
ダイソーなどの100均でも手に入れることができるなど、とても人気です。
貼るのもとても簡単で、手軽にタトゥーを楽しめるアイテムですが、
実は剥がすのにコツが要ります。


今日はタトゥーシールの落とし方、肌を痛めずに綺麗に剥がす方法を紹介します。


Sponsored Links


タトゥーシールとは?


タトゥーシールは、ファッションとして、ハロウィンなどのイベントで、
お祭りやサッカーや野球の観戦になど、いろいろな場面で使われます。


普段お化粧をしない小さな子どもから大人まで、誰でも気軽に楽しめるので、
凄く人気があります。
とくにハロウィンは「仮装」がメインのイベントなので、
ハロウィンモチーフのタトゥーシールはとてもおすすめです。

傷メイクや血メイクなども簡単にできます。


貼る方法は、ハサミでカットして肌に乗せ、充分に濡らして滑らせるだけ。
これだけで、簡単にお好みの場所にタトゥーシールを貼ることができます。


問題なのは、貼ることよりも剥がすことです。
簡単に落ちてしまうのも問題ですが、その性質上、意外と落としにくいものなんです。

肌を痛めずに綺麗に剥がす方法


タトゥーシールを落とすために必要なのは、「油分」です。
水ではなかなか落ちないものなので、お風呂に入っただけでは落ちにくいです。
ゴシゴシとこすれば水だけでも落ちないことはありませんが、
肌を痛めてしまうので、油分の入ったもので柔らかくしてから落としましょう。


おすすめなのは、ベビーオイルです。
ベビーオイルは、赤ちゃんの保湿用に使えるものなので肌にやさしいオイルです。
最近は、肌にやさしいからと大人も乾燥肌対策に使う方が増えています。


このベビーオイルをタトゥーシールを貼った部分に含ませていきます。
そのままオイルを手でつけても良いですが、コットンなどがあると、
より落としやすくなります。


コットンに含ませる場合は、ベビーオイルをたっぷり浸して、
オイルがタトゥーシールに行き渡るように、パックのようにして使います。


充分にオイルを含ませたら、くるくるとオイルをなじませるように落とします。
ゴシゴシこすったり、爪て削ったりすると肌を痛めてしまいますので、
摩擦の刺激を加えないように、やさしく落としてください。

ベビーオイルの代用はできる?


肌を痛めずに落とすことを考えるとベビーオイルが一番ですが、
油分ならば、タトゥーシールを落とすことができるので、
オリーブオイルやクレンジングオイルでも代用ができます★


除光液はタトゥーシールを落としやすいものとして良く紹介されてますが、
あくまでもネイル用のものなので、肌に使うのはあまり良くありません。

肌荒れの原因になるので使用は避けたほうがいいです。


他の落とし方としては、セロハンテープやガムテープを使用する方法があります。
タトゥーシールを貼った部分にセロハンテープやガムテープを貼り、
タトゥーシールが転写するように、テープの上から少し押し付けます。


Sponsored Links



その後、そ~っと剥がすとテープにタトゥーシールがついて剥がれます。
この方法は少々痛みが出ることもあるので、子供には不向きかも知れません。


やっぱり、肌を痛めずに綺麗に剥がしたいのであれば、
ベビーオイルを使用する方法は手軽で時間も掛からず、肌にもやさしいです。
タトゥーシールはとても可愛いですが、それを使用するがために、
肌を痛めてしまっては元も子もないので、是非、ベビーオイルを使って、
やさしくオフするようにしましょう。


尚、見えない部分であれば、数日もすれば、自然に取れていくので、
自然に剥がれるのを待つという方法もあります♪
が、その間タトゥーシールを肌に貼ったままになってしまうので、
ベビーオイルなどがあれば、そちらで落としてしまった方が肌には良いです。