tree1


市販されているクリスマスツリーには、大きく分けて、
オレゴンツリースリムツリーコンチネンタルツリーの3タイプがあります。
この中で最もポピュラーなのは、オレゴンツリーと呼ばれるタイプで、
スリムツリーはオレゴンツリーをスリムにしたものです。


しかし、ここ近年本格派のコンチネンタルツリーの人気が急上昇しています。
オレゴンツリーやスリムツリーとは何が違うのか?詳しく説明していきます。


Sponsored Links


クリスマスツリーのタイプとは?


最もポピュラーなクリスマスツリーは、オレゴンタイプと呼ばれるものです。
ツリーの大きさや色も自由に選べ、自分好みのツリーが見つかります。
しかし、ワイドサイズが基本となるのでややスペースを取りすぎる…
という声も大きいため、近年はスリムタイプも人気があります。


スリムツリーは、縦の大きさはそのまま、横のボリューム感のみを減らした
オレゴンツリーをスリムにしたクリスマスツリーです。

クリスマスオーナメントを飾れるスペースは減りますが、
お部屋のクリスマス感を演出するには十分な大きさがあります。





こちらが最もポピュラーなオレゴンツリーのワイドタイプです。
お値段も手頃な価格で手に入れやすく、自由度の高いクリスマスツリーです。


そしてもう1つ、近年人気が急上昇しているのがコンチネンタルツリーです。

コンチネンタルツリーとは?


コンチネンタルタイプのクリスマスツリーは、とてもゴージャスです。
従来のオレゴンタイプのクリスマスツリーとの違いは、株元、
下の部分までしっかり枝がついていて、気になる足元の土台を隠しやすいです。





枝先を見ても、ボリューム感が感じられ、高級感を出したい方におすすめです。

どのタイプ・サイズがおすすめなの?


よりクリスマス感を出したいのであれば、断然コンチネンタルツリーです。
スペースを気にされるのであれば、スリムツリーがベターですが、
オレゴンタイプとコンチネンタルツリーを比較するならば、
よりボリューム感がありゴージャスなコンチネンタルツリーがおすすめです。


ツリー自体は2~3分割になっているので、収納スペースを考えるより、
見た目のボリューム感で決めるのがベストです。


Sponsored Links



個人的にはクリスマスツリーの土台となっている足の部分が見えてしまうと、
ちょっと安っぽく見えてしまうかな…と思うので、
足までしっかり枝葉があるコンチネンタルツリーが理想的です。


サイズは物・メーカーによりますが、120センチくらいからあります。
30センチ刻みであるので、150センチまたは180センチがおすすめのサイズです。
小さいお子さんのいるご家庭では、120センチでも大きく感じられますが、
自分の身長よりも大きいツリーの方がゴージャスに感じられるものです。


女性の身長よりもやや低い150センチや男性の身長ほどの180センチサイズなら
かなり見栄えも良く、本格的なクリスマスツリーが飾れます。

ポット付きクリスマスツリーもおすすめ


クリスマスツリーの高級感は、ボリューム感で決まります。
枝葉のボリュームがあればあるほど見栄えが良くなるので、
スリムツリー<オレゴンツリー<コンチネンタルツリーの順で見栄えが良いです。


また、足元が見えるか見えないかで高級感が大きく変わります。
こちらのクリスマスツリーを見てみてください。





こちらのクリスマスツリーはポットツリーと呼ばれるタイプのもので、
オレゴンタイプ・コンチネンタルタイプとは別に、
ツリーの下側にポットがあるクリスマスツリーとなっています。


通常、土台が見えてしまうはずの部分をポットで隠すことによって、
だいぶ高級感が増して見えます。
コンチネンタルツリーであれば、下の方まで枝葉があるため気になりませんが、
オレゴンツリーを選ぶのであれば、こちらのポットツリーがおすすめです。