candy


冬場はとくに、のどがイガイガして不快感を感じる時があります。
乾燥なども原因の1つですが、風邪のひき始めのサインでもあるので、
のどのイガイガは見過ごせません。



そんなイヤなのどの症状を緩和してくれるのが「のど飴」です。
コンビニなどでも手軽に買えるものなので、凄く便利ですよね。
今日はそんなのど飴に関する記事です。
市販ののど飴の効果の違いやおすすめ商品を紹介させていただきます!

Sponsored Links


市販ののど飴は3タイプに分けられる


市販ののど飴は、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで購入できます。
しかし、のど飴には大きく分けて3つのタイプがあることを知っていますか?


3つのタイプとは、
・医薬品
・医薬部外品
・食品

のことです。


まずは、この3つのタイプについて詳しく紹介していきたいと思います。

医薬品ののど飴とは?


医薬品とは、簡単に言うと薬のことです。
医薬品として認められていないものは、その効果や効能をうたうことはできません。


医薬品ののど飴は、2つしかありません。南天のど飴浅田飴です。
どちらものどの痛みに効くだけではなく、せきを鎮める効果があります。
このように「効果・効能」をうたえるのが医薬品であり、お薬です。


食品(いわゆるお菓子)ののど飴とは異なり、ドラッグストアなど、
薬を扱うところでしか買うことはできませんが、効果に期待できます。

医薬部外品ののど飴とは?


”エヘン虫”を退治してくれるVICKS(ヴィックス)や、ルルののど飴、
エスタックのど飴などは、医薬品ではなく、医薬部外品ののど飴です。



医薬品はドラッグストアなど薬を扱うお店でしか買うことはできませんが、
医薬部外品ののど飴はコンビニでも購入することができます。


薬ではないものの、厚生労働省が許可した有効成分が配合されているもので、
医薬品より効果は緩やかだとされているのど飴です。


Sponsored Links



医薬品が「治療目的」で使われるものとすると、医薬部外品は
「予防目的」で使われるようなイメージです。



実際、ルルのど飴やVICKS(ヴィックス)を舐めたことがありますが、
とてもおすすめです。

食品ののど飴とは?


VC3000のど飴や龍角散のどすっきり飴、e-maのど飴、はちみつきんかんのど飴、
挙げればキリがないほど、たくさんあるこれらののど飴は全て、
「食品」であり、お菓子としてののど飴になります。


のどにスッキリ感をもたらすメントールやミントが配合してあるものが多く、
のどが潤い、スーッとします。しかし、効果をうたうことはできません。


効くのど飴の選び方


効くのど飴の順番としては、
食品(お菓子)<医薬部外品<医薬品の順番で効果に期待ができます。
そのため、のどが痛くて辛いようならば、迷わず医薬品を選ぶと良いです。


しかし、医薬品はコンビニでは買えないというデメリットもあります。
コンビニで買えるおすすめならば、「ルルののど飴」が一番おすすめです。
医薬品ではなく医薬部外品にあたる商品ですが、
食品(お菓子)ののど飴よりも効果・効能が高く、とてもおすすめです。


乾燥対策など、ちょっとのどがイガイガするのを抑えたいという場合は、
食品(お菓子)ののど飴でも充分ですが、少しでも痛みがある場合や、
風邪をひきそうな時には、医薬部外品や医薬品ののど飴を買いましょう。


また、個人的におすすめなのは「トローチ」です。
のど飴は美味しく舐めやすいものが多いですが、トローチは、
あまり美味しいとは言えず、舐めにくいものが多いと思っている人も
多いのではないでしょうか?


しかし、病院でも処方されることが多いなどトローチの効果は絶大です。
私は趣味で良くのどを使うので、トローチが手放せません。


のど飴よりもトローチの方が効果が高いように感じているので、
気になった方は、是非のど飴ではなく、トローチを購入してみてください。
トローチについて書いた記事があるのでこちらもお読み頂けたら嬉しいです。