鎌倉幕府の成立は、1192年だと教わった方がほとんどだと思います。
私自身もアラサー世代なので、「いい国(1192年)つくろう鎌倉幕府」
という年号の語呂合わせで覚えました。


しかし、近年は1192年ではなく、1185年とする説が強まっています。
実際、教科書にも1192年ではなく、1185年が書かれているのだとか。


では、「鎌倉幕府が成立した年号は?」という問題が
テストや模試、入試問題などで出題された場合、
1192年、1185年どちらの年号で答えるのが正解なのでしょうか?


yoritomo


Sponsored Links



鎌倉幕府の成立は何年が正解なの?


「いい国(1192年)つくろう鎌倉幕府」という語呂合わせは、
歴史の年号を覚えるための語呂合わせの中でも、
とくに有名な語呂合わせで、知らない人はほとんどいません。


では、何故この年を”鎌倉幕府の成立”としたのでしょうか?

源頼朝の征夷大将軍の任命が1192年


多くの人は、鎌倉幕府=1192年と覚えていますが、
具体的には、1192年に源頼朝が征夷大将軍に任命されたことが、
鎌倉幕府の成立、はじまりとしています。



室町幕府をつくった足利尊氏や江戸幕府をつくった徳川家康もまた、
同じ「征夷大将軍」という、武士のトップの位を朝廷より授かっています。


では、次に1185年についてです。
何故、今になって鎌倉幕府の成立が1185年と言われるのか、
その年に何があったのかを紹介していきます。


源頼朝が守護・地頭を全国に置いたのが1185年


源頼朝が征夷大将軍、武士のトップに任命されたのは1192年ですが、
朝廷から実質的に総責任者と認められたのは、それよりも前です。


日本史では、守護と地頭という言葉が出てくるかと思います。
その土地を統治する人を決め、軍事・警察、税金の徴取、
さまざまな役割があります。


これを全国に置いたのが、源頼朝であり、1185年のことです。
実質的に、1185年には源頼朝が朝廷から守護・地頭を置くことを認められ、
日本全国は、源頼朝が支配していたということになります。


結局、鎌倉幕府の成立はいつなの?


1192年(いい国)つくろう鎌倉幕府という説では、
征夷大将軍に源頼朝が任命されたこと。
1185年(いい箱)つくろう鎌倉幕府という説では、
守護・地頭を置き、総責任者が源頼朝になったこと。



これが、鎌倉幕府の成立の年号を大きく関わっています。


Sponsored Links



難しいのは、鎌倉幕府の成立というのは、
現在の「昭和」や「平成」といった年号のように、
『今日から鎌倉幕府の成立をしますよ~』と告知があったわけではないところです。


征夷大将軍の任命とともに、あるいは、
守護・地頭を置くタイミングで、『鎌倉幕府をはじめます』と
アナウンスがあれば、分かりやすかったのですが、
幕府というのは、そういうものではなく、後付けのネーミングのようです。


つまり、実際の鎌倉幕府の成立の年号というのは実に曖昧で、
1192年とする声も、1185年だとする声も、どっちも正解なんです。



テストや入試に出た場合はどう答えればいいの?


学生、とくに受験生の方は、”どっちも正解だよ”と言われても、
どっちかハッキリしてよ!と思うと思います。
たしかにその通りで、テストや入試問題に出ては非常に困りますよね。


でも、良く考えてみてください。
小中学校のテストならともかく、全国模試や入試問題で、
そんな曖昧な問題を出すのは、問題をつくる側をしても非常にリスキーです。


100%の保証はできかねますが、
「鎌倉幕府の成立は何年でしょう?」そんな問題は出ません。



しかし、あくまでも、鎌倉幕府成立の年号を答える問題がないだけで、
別の問題ならば、充分に可能性があります。


例えば、
「源頼朝が朝廷から征夷大将軍に任命されたのは何年でしょうか?」
A.1192年
「源頼朝が全国に守護と地頭を置いたのは何年でしょうか?」
A.1185年
という問題であれば、何も曖昧ではありません。


こういった問題は、1192年と1185年が曖昧になったことで、
より出題頻度が上がったとも言えるのではないでしょうか?