三人官女は、「5人飾り」と呼ばれる雛人形に含まれるお人形です。
お内裏様(おだいりさま)とお雛様(おひなさま)、
そして、その次の段に並べられるのが、今日紹介する三人官女です。


最近の雛人形はコンパクトなものが人気となっていますが、
やはり、親王飾りと呼ばれるお内裏様、お雛様だけの2人飾りはやや寂しく、
三人官女までを飾れる、この5人飾りも非常に人気があります。


今日はそんな三人官女の飾り方について紹介します。
3人の女性の配置やそれぞれの持ち物、役割まで細かく説明します!


プリント


Sponsored Links



三人官女はどういう人なの?


「官女」とは、お雛様に仕える女官を意味します。
この女官とは、現在の”お手伝いさん”の立ち位置とは違って、
位の高い、女性の官僚が選ばれます。



お雛様の身の回りのお世話はもちろんのこと、
楽器を演奏して聞かせたり、歌と詠んであげたり、
作法などのお勉強も、この三人官女から教えられます。


そんな三人官女は、まさに特別な女性しかなれないものであり、
ひな壇の中でも、お内裏様とお雛様に次ぐ2番目に飾られるくらい、
位の高い女性たちです。


三人官女の飾り方・並べ方は?


雛人形によって異なりますが、三人官女のお人形は、主に、
「立っているお人形が2人、座っているお人形が1人」または、
「座っているお人形が2人、立っているお人形が1人」となっています。


飾り方としては、姿が1人だけ違うお人形を真ん中に配置し、
その他の2人のお人形を両端に並べます。



この時、真ん中に来る三人官女のうちの一人は、
眉毛がなく、良く見るとお歯黒になっているのが一般的です。



これは、この女性だけ既婚者であることを意味しています。
眉毛があり、お歯黒ではないお人形は、独身の女性です。


稀に、3人とも座っているor立っている三人官女もいますが、
この時は、上記を参考に既婚者の女性を真ん中に並べます。


また、立っているお人形を並べる時は、外側の足が前に出るように、
座っているお人形を並べる時は、やや中央に向けて並べます。



Sponsored Links



雛壇の意味と三人官女の持ち物は?


ひな祭りに飾るこの雛壇は、
お内裏様とお雛様の結婚式の様子を表したお人形飾りです。


女の子の節句として使われる雛壇ですが、
「ひな祭りが過ぎたらすぐに片づけないと嫁に行き遅れる」
なんていきなり”結婚”の話が出てくるのは、ここに由来しています。


三人官女の持つ道具は、それぞれ結婚式のお祝いのために、
お酒を注ぐ役目があります。


持ち物は、
・長柄銚子(ながえのちょうし)
・三方(盃)、島台
・提子(ひさげ)



長柄(ながえ)


柄杓(ひしゃく)のような形をしているのが、長柄(ながえ)です。
柄、持ち手の部分が長くなっていることが名前の由来です。


この長柄は、白酒を注ぐ道具で、
左の三人官女(向かって右)に両手で持たせてあげます。
両手で持たせ、柄の部分が外側に口の部分が内側になるようにします。


三方(盃)、島台


それぞれ、三方(さんぽう)と島台(しまだい)と読みます。
三方の上には、盃が乗っていることがほとんどです。


これは、真ん中の三人官女に持たせます。

提子(ひさげ)


やかんのふたを取ったような形をしているのが提子(ひさげ)です。
右の三人官女(向かって左)に持たせます。
右手に持たせられるように、手のひらが上を向いています。



三人官女の飾り方のまとめ


このように、三人官女はお雛様につかえるとても位の高い女性で、
結婚式であるこの雛壇では、祝いのお酒を注ぐ役割があります。


このような背景を知り、お雛様を飾ると、
「なるほど」と思えてくる部分がたくさんありますよね。


こういった良き日本の習慣は、是非子供の代にも伝えていってほしいので、
娘さんとひな祭りのお飾りを飾り付ける時には、
分かりやすく、説明してあげると良いと思います。