母の日は、お母さんに”ありがとう”を伝える日です。
亡くなったお母さんにも、毎年母の日には感謝の気持ちを伝えてみませんか?


今日は、亡き母に贈る母の日のお花のプレゼントの紹介です。
定番のカーネーションから、仏壇に合う和風アレンジメントまで、
亡くなったお母さんにピッタリのプレゼントを紹介します。


Sponsored Links



ka-ne-shon


亡き母に贈る母の日のお花はどんなものがいい?


母の日の定番と言えば、カーネーションです。
花色も豊富で、花びらも可愛らしく、世界的にも人気があるお花です。


ところで、母の日の由来はご存知でしょうか?
母の日というのは元々、アメリカのある娘が、亡くなったお母さんに向け、
好きだった白いカーネーションを贈ったというのが、はじまりです。



つまり、亡き母へもカーネーションのプレゼントはピッタリなんです。
感謝の気持ちは、いつまで経っても変わらないものです。


さらに詳しく母の日の由来を知りたい方はこちらの記事をお読みください。
母の日の由来と起源についてのまとめ

白いカーネーションのプレゼントはとくにおすすめ


由来の上では、白いカーネーションを贈っていますが、
好きだった色を贈っているようなので、お母さんが好きだった色の
カーネーションをチョイスしてかまいません。


しかし、白いカーネーションの花言葉は、「わたしの愛は生きています」と、
亡き母に贈るにふさわしい花言葉がついています。





仏壇にも良く合う色合いなので、とてもおすすめのカラーです。
こちらの商品は、お線香もセットになった亡きお母さんへ贈る、
母の日のプレゼントになっています。

他の色のカーネーションは?


母の日のプレゼントの定番と言えば、赤いカーネーションです。
とても華やかなお花ですので、明るいお母さんの笑顔を思い出して、
この花を贈る方も多いです。


カーネーションは、非常に花色豊富で、カラーのチョイスに困りますが、
お母さんへの気持ちは、何色でも届くと思います。


ただし、黄色のカーネーションの花言葉は「軽蔑」で、
あまり良い意味ではないので、この色はチョイスしない方がいいかも知れません。


仏壇に合う母の日のプレゼントとは?


カーネーションは、洋風のイメージの強いお花ですので、
あまり仏壇に合うお花というイメージではありません。


上記に紹介した通り、白いカーネーションの寄せ植えであれば、
仏壇にも合うアレンジメントとなりますが、赤いカーネーションなど、
華やかなものは、仏壇に合うか合わないかで言えば、少し疑問なところです。


もちろん、生前お母さんが好きだったお花や色をチョイスすれば良いので、
決して赤いカーネーションなど、華やかなものがダメというわけではないですが、
仏壇に合うということを考えると、和風アレンジの方がおすすめです。


Sponsored Links



プリザーブドフラワーの和風アレンジがおすすめ


プリザーブドフラワーってご存知でしょうか?
プリザーブドフラワーは、本物のお花に特殊な加工を施して、
みずみずしい生け花の風合いを残したまま、枯れないお花にしたものです。


枯れることのないお花なので、長く仏壇に飾っておけます。
手間もかかりませんし、1年丸々飾っておけますので、
年に1回、新しい母の日のプレゼントと交換してあげるのも良いと思います。


プリザーブドフラワーは、近年とても人気のプレゼントで、
私も、和風アレンジのカーネーションを母に贈ったことがあります。
枯れてしまう生け花も風合いがありますが、”残る”というのもやはり魅力です。










定番のカーネーションを使ったものや、和菓子とセットになったもの、
和風アレンジのものを集めたので、仏壇へのお供えものにピッタリです。
是非、亡きお母さんへの母の日のプレゼントにいかがでしょうか?