果物大好きな私としては、お弁当のデザートはフルーツ類一択です。
しかし、夏場のお弁当に生の果物を入れるのは、ちょっと怖いですよね。


朝入れた果物でも、お昼に開けたら腐っている可能性も・・・。
折角作ったお弁当で食中毒にならないためにも、
腐らない果物の入れ方を学んでおきましょう。


Sponsored Links



cutfruit


傷みやすい果物と傷みにくい果物の差は?


果物は、生野菜と比べると比較的腐りにくい食べ物ではありますが、
やはり、夏場のお弁当に入れるともなると、注意が必要です。


傷みやすさは、そのものにもよりますが、水分が多いものほど、腐りやすいです。
そのため、お弁当に入れる際は、水分量の多い果物は避けましょう。


水分の多い果物には、レモン、イチゴ、スイカ、キウイなどがあります。
みずみずしい果物がとてもおいしいのは良く分かりますが、
これらは、なるべく夏場のお弁当に入れないのが無難です。


また、カットフルーツの方が切った断面より菌が繁殖しやすいので、
出来るだけ、カットせずに食べられるもののほうが良い
です。


水分量はあるものの、グレープフルーツやオレンジは酸味が強いため、
夏場のお弁当に良いとされていることもありますが、
カットするときに気をつけないと、傷みやすくなってしまいます。


さらに、バナナやリンゴなどの変色してしまう果物もあまりおすすめ出来ません。
見栄えも良くありませんし、傷んでいるものとの見分けがつきにくいので、
バナナやリンゴもお弁当に不向きと言えます。

冷凍した果物なら大丈夫?


夏場のお弁当に果物を入れるなら、どんなフルーツも冷凍が良いです。
お昼頃には解凍されていてちょうど食べ頃になっているので、
ヒンヤリとした美味しいフルーツを食べることができます。


傷みにくく、尚且つ、冷凍に適した果物は、
メロン、パイナップル、ライチ、ブドウなどです。

水分量が比較的少なく、冷凍しても美味しい果物ばかりです。

カットに気をつければ、こちらの果物もおすすめ


果物を扱う前にはしっかりと手を洗い、清潔に保ちます。
また、果物を入れるお弁当箱もしっかり洗って、消毒もしておくと安心です。
アルコールスプレーを使うと、他の食材の痛みも防げます。


まな板や包丁も同じように清潔に保ってから、果物を切ります。
菜ばしを使うことで、素手よりもさらに安心して扱えます。


Sponsored Links



清潔にした手でも、手にはたくさんの菌がついているので、
なるべく、素手で果物を持たないようにします。


こういったことに気をつければ、
グレープフルーツや、オレンジなどの柑橘類もお弁当におすすめです。
冷凍しても美味しい果物ですし、いつでも手軽に買えるので良いですね。

果物以外のデザートで安心に食べる


それでも不安な方は、果物以外をチョイスする手もあります。
例えば、ドライフルーツやフルーツ入りのゼリーです。


マンゴーなどのドライフルーツであれば、食べ応えもありますし、
食中毒の心配もありません。



先日、セブ島にて買ってきた7Dのドライマンゴーはとくにおすすめです。
日本でも、通販出来るので是非、購入してみてください。




フルーツ入りのゼリーは、スーパーの他、コンビニでも買え、手軽です。
小さい子供が食べるフルーツゼリーもおすすめですが、
100円前後で買える、フルーツがそのまま入ったゼリーが私のおすすめです。


冷凍した果物は保冷剤代わりにも使えるので一石二鳥


夏場のお弁当の痛みは、果物に限らず、とても不安ですよね。
最近は、100均でも保冷剤が売っているので、上手く活用したいところです。


生の果物をお弁当箱に入れる場合、菌の繁殖の観点から、
ごはんやおかずを入れるお弁当箱とは別にするのが良い方法です。


しかし、冷凍した果物は保冷剤の代わりとしても使えるので、
同じお弁当箱に入れることで、より効果的になります。



また、最近は保冷できるお弁当箱も増えているので、
そういったアイテムと併用すれば、より安全にお弁当が食べられます。


生の野菜や果物ともなると少々不安ではありますが、
冷凍した果物や、ごはん・おかずを安心して食べることができます。


とくに、象印とサーモスのお弁当箱は非常に優れているので、
そのどちらかのメーカーのものを購入すると、より安心できます。


果物はとても美味しく、栄養価の高い食べ物ですので、
是非、安全に冷凍などにして、お昼のお弁当でも食べてくださいね。