国旗


日本の母の日は、毎年5月の第二週目の日曜日。
そのため、毎年日にちは異なります。


日本の母の日の一般的なプレゼントは、カーネーション。
この行事は、明治の末期頃から行われはじめ、今では年中行事の1つです。


日本においては、子供が母に”感謝の気持ち”を伝える行事ですが、
世界各国、他の国では、どんな「母の日」があるのでしょうか?


Sponsored Links



世界各国の母の日 国による風習の違い


・韓国の母の日


日本は「母の日」と「父の日」、別の日に行われていますが、
韓国では、”オボイナル”といい、”親の日”。
母の日、父の日を一遍に行っているようです。


でも、韓国では日本と同じように、カーネーションを贈る風習もあるようです。


・アメリカの母の日


母の日の習慣は、アメリカから世界各国に広まっていきました。
日本の母の日も、アメリカ由来のものです。


母の日が5月の第二日曜日に指定されているのも、アメリカを習ったもので、
アメリカでも、5月の第二日曜日が母の日に指定されています。
日本との違いは、”祝日”に指定されているところです。


・イギリスの母の日


イギリスの母の日は、日付の概念が非常に難しいです。
イースター・サンデーの2週間前の日曜日が母の日になってますが、
このイースターの行事も、毎年日付の変わる祝日です。


正確には、春分の日を迎えたあとの、最初の満月の次の日曜日…
これが母の日なんだそうです。ちょっと、ややこしいですね。


Sponsored Links



・フランスの母の日


フランスの母の日は、基本的に5月の最終週の日曜日です。
母の日に贈るお花は、カーネーションではないのが、特徴です。


フランスにおいてのカーネーションは、お墓にお供えするお花なので、
プレゼントにはしません。
その他は日本とほぼ同様です。


・イタリアの母の日


イタリアの母の日には、AIRCによるアザレアの鉢植えが販売されます。
母の日=アザレア、というわけではないようなのですが、
一部の収入はがん研究に使われることもあり、確実に広まっているようです。


また、子供たちは、お母さん宛にメッセージカードを作るそうです。
感謝の気持ちは、伝えないと、伝わないこともありますもんね。


・オーストラリアの母の日


ビックリしたのは、オーストラリアの母の日です。
日本と同じ、5月の第二週の日曜日に行われているところまでは同じですが…


カーネーションではなく、菊の花を贈るのだそうです。
日本だと…ありえない話ですよね。日本とは季節が真逆、
花の開花期も絡んでるのかも知れません。


・エジプトの母の日


エジプトの母の日は日本とは少し時期がずれた、3月21日です。
この時期になると、母の日のプレゼントが良く売れます。


また、ダンスを見せるのが、お母さんへのプレゼントともされており、
学校にて発表会が開かれることも多いのだそうです。
ベリーダンス、ヒップホップなど、今日本の子供たちにも人気のダンスです。