夏の土用の丑の日には、うなぎを食べる習慣があります。
元々は、販売促進として始まったうなぎ屋さんの戦略でしたが、
今は、夏バテを防ぐ健康目的で食べる習慣が根付いています。


しかし、2018年、今年のうなぎは不漁で、高騰するといわれています。
土用の丑の日はいつなのか?また、本当に値段が上がるのか?
今年のうなぎの不漁問題について、深く掘り下げて行きたいと思います。


unagi


Sponsored Links



2018年の土用の丑の日はいつ?


いわゆる、土用の丑の日は”夏の土用の丑の日”を指していて、
2018年は、7月20日(金)と8月1日(水)の2回です。


7月20日を一の丑、8月1日を二の丑ともいいますが、
年に1回しか、夏の土用の丑の日が存在しないこともあります。


また、この日までに、日本には土用の丑の日が3日ありましたが、
あまり知られていません。

土用の丑の日は季節ごとにある


冬の土用の丑の日は、1月21日と2月2日、
春の土用の丑の日は、4月27日です。


販売促進として”土用の丑の日”を打ち出した経緯は、
旬の時期から外れた夏にも、うなぎを食べて欲しいことから始まったので、
夏の土用の丑の日が、日本ではうなぎを食べる日とされています。


ちなみに、秋の土用の丑の日は、10月24日と11月5日。
2018年、今年は土用の丑の日となる日が合計7回もあるというわけです。


夏の土用の丑の日が根付いているため、うなぎの旬は夏、
と勘違いしている人も多いですが、実際のところは、冬に旬を迎え、
冬には、今年のうなぎが、豊漁か不漁かが分かるのです。



2018年のうなぎは不漁なの?


例年、11月頃より始まるうなぎの養殖。
しかし、2017年11月以降、ニホンウナギの稚魚の不漁が深刻化していて、
今年は、あまりうなぎが出回らないとまで、ささやかれています。


最初の2か月間で、養殖池に入れられたニホンウナギは、0.2トン。
この数値だけでは、不漁なのかが分からない人が大半だと思いますが、
前年度と比べると大差です。



Sponsored Links



1年前の2016年11月~2017年1月の2か月間では、5.9トン。
2年前も同じように、うなぎの不漁がニュースになりましたが、
その時でも、2.9トン。


こんなに捕れないのは初めて…といわれるくらい、
2018年度のうなぎは不漁に陥っています。

うなぎ不漁の原因


とにかく不漁であるといえる、2018年のうなぎ事情。
しかし、ニホンウナギの稚魚の不漁は、原因が特定できないそうです。


現在、天然のうなぎは約1パーセントとされていて、
日本で生産されているうなぎのほとんどは、ニホンウナギを捕獲して、
成魚に育てる他ありません。


そのニホンウナギの稚魚が不漁となれば、当然、
日本からうなぎの流通が少なくなるということです。


産卵地や潮の流れによって影響されるといいますが、
ここまで不漁となるのは初めてのことで、漁師や関係者の方々も、
頭を悩まされているようです。

今年のうなぎはどのくらい高騰するの?


夏の土用の丑の日、今年ですと、7月20日と8月1日。
うなぎの需要が高まるこの時期にうなぎを間に合わせるためには、
遅くとも1月中に稚魚を確保して、養殖する必要があります。


しかし、もう季節は春。
うなぎの不漁のニュースは耳にしたものの、その後、
良い話題を聞かないので、今年は品薄または高騰すること間違いありません。


ちなみに、1月の段階でも、1キロあたり500円ほど値上がりした、
といううなぎ屋さんの店主さんからのお話もニュースになっていました。


夏に向けて、どんどん品薄状態が緊迫してくるので、
さらに高騰し続けることが予測されます。



徐々に高くなっているように感じる、日本のうなぎ。
夏の土用の丑の日とは言え、うなぎが食べられなくなる日も、
そう遠くはないのかもしれない・・・と思うと、寂しくなりますね。