保冷剤が必要になる季節になってきました。
ポカポカと暖かくなり、かなり過ごしやすくなってきたように感じますが、
暖かくなると、お弁当が腐らないか、とても心配になります。


そんなときに、便利な保冷剤
私も、夏のお弁当には保冷剤を欠かさず、入れています。


お弁当が腐るのを防止するのには欠かせない保冷剤、
いったい、どこに売ってるものなのでしょうか?
また、100均やコンビニでも手軽に買えるのか、調査してきました。


Sponsored Links



保冷剤はどこに売ってるの?



obenntou-horeizai


うちで使用しているものの多くは、もらったものです。
主にケーキ屋さんでもらったものが多く、そのときの保冷剤を冷凍し、
再利用している形になります。


小さいですが、袋もしっかりしているので、何年も使えています。
しかし、保冷剤がないという人もいるのではないでしょうか?

保冷剤が買える場所


確実に購入するのならば、ドラッグストアが、おすすめです。
お弁当用の小さいものから、大きいものまで、種類も豊富にあります。


今、ドラッグストアの数は急激に増えているので、スーパーに行くより、
手軽で、購入しやすい場所と言えるのではないでしょうか?


お弁当用の保冷剤を購入したいのであれば、100均もおすすめです。
夏のお弁当の必須アイテムとなっているからか、
昨日、ダイソーへ調査しにいったところ、10種類ほどの保冷剤がありました。


100円商品で尚且つ、サイズも、いろいろ選べましたので、
100均で買うというのも、おすすめの方法です。


その他、ホームセンターやスーパー、スポーツ用品店など、
さまざまなところで購入できます。

コンビニでも買える?


ダイソーには、たくさんの保冷剤がありましたので、
コンビニでも買えるかな?と思い、コンビニを探してみましたが、
コンビニでは保冷剤の取り扱いがありませんでした。


もう少し暑くなったら入荷する可能性もありますし、
そもそも、そのコンビニになかっただけかも知れませんが、
私が行ったコンビニでは、保冷剤を買うことはできませんでした。


Sponsored Links



保冷剤の種類


保冷剤には、ソフトタイプとハードタイプの2つがあります
ソフトタイプは、良くケーキ屋さんなどで入れてもらう袋に入ったもので、
ゼリー状のものです。


ソフトタイプは持ち運びしやすく、早く冷凍することができるので、
毎日使用するには適していますが、袋が破れてしまったりなど、
耐久性に欠けているのがデメリットです。


大きさもさまざまですが、大きいものを選ばないと、
しっかり冷やすことができないというのも、デメリットですね。


私は、ソフトタイプをお弁当用の保冷剤として使っていますが、
3つくらいで、お弁当を挟むようにして冷やしています。


ハードタイプは、板のようなものです。
保冷剤としての持ち時間も長いので、レジャーにもおすすめです。


繰り返し使用するのにも向いていますが、
いかんせん、大きく場所を取るのがデメリットです。


また、凍らせるまでの時間を要するので、
帰宅して凍らせても、次の日の朝までに凍っていなかった・・・
なんてこともあります。


ハードタイプとソフトタイプ、一長一短なので、
お好みでチョイスしてみてください。


ドラッグストアはもちろんのこと、ダイソーでも、
ハードタイプ、ソフトタイプ、どちらの保冷剤も売っていました★

すぐに使える保冷剤はどこに売ってるの?


袋を「パン」と叩いて、ヒンヤリとすぐに冷たくなる冷却パック。
保冷剤ともまた違いますが、瞬間冷却パックは、
保冷剤としても使用することができます。


主に熱中症対策として販売されているものなので、
ドラッグストアの熱中症対策コーナーなどで販売しています。


お弁当を買ったけど、ちょっと食べる時間がない・・・
なんてときにも便利なので、覚えておくと良いですね。