新車の臭いって、本当イヤな臭いがしますよね。中には、新車の匂いが好きで、敢えて維持させたいと思う人もいるようですが、多くの人は、”イヤな臭い”として感じているようです。


私も、新車の臭いは大嫌いです。
普段、車に乗っても、バスに乗っても、車酔いなんて皆無に等しいですが、新車の臭いがあると、頭がガンガンするような頭痛に襲われたり、吐き気とまでは行かないものの、車酔いしたかな?と思える気持ち悪さを感じたりします。


新車のあのイヤな臭い、臭いの正体・原因はいったいなんなのでしょうか?また、新車臭を消す方法には、どういったものがあるのでしょうか?


Sponsored Links



新車の臭いの正体・原因は?


shinsha


臭いの正体・原因は、VOCとよばれる、揮発性有機化合物です。揮発性有機化合物と聞いても、あまりピンと来ませんが、接着剤、プラスチック、塗装剤、その他、さまざまなものに含まれています。


車を作る以上、なくてはならないものも多く、車には200種類以上の揮発性有機化合物が使われているといいます。


それらの揮発性有機化合物の臭いが混ざり合い、あの新車の臭いを生み出してしまうというわけなのです。揮発性有機化合物が含まれるゴム、接着剤、塗装剤、プラスチック・・・どれも、車に使用されているであろうことは、素人でも分かります。


また、車のシート部分に使われているウレタンには、独特な臭いを出すアルデヒドやアミンが含まれているなど、揮発性有機化合物以外にも、臭いの原因とされるものが、車にはたくさん使われているのです。

臭いからくる、頭痛や気持ち悪さについて


新車の臭いを嗅ぐと、頭が痛くなる、気持ち悪くなった、車酔いしたなどの”症状”が出ることがあります。こういった”症状”は、実はアレルギー症状の1つであるかもしれないということが分かりました。


臭いでアレルギー?なんて聞いたことがない人も多いと思いますが、実際に、新車の臭いでアレルギー症状を発症するケースもあるのだそうです。


このアレルギー症状は、俗にシックカー症候群と呼ばれています。
原因は、前述の通り、揮発性有機化合物(VOC)です。頭痛、気持ち悪いといった吐き気、めまいの他、鼻水やくしゃみ、のどの痛みといった、アレルギー症状らしいものまで、さまざまです。


元々は、シックハウス症候群といって、新築の家やリフォームした住宅にて発生した揮発性有機化合物の臭いによって起こる症状が有名でしたが、車でも同じことが起こるとして、車を意味する”カー”から、シックカー症候群と呼ばれるようになりました。


車というのは、家よりも、狭く臭いが充満しやすい環境にあるので、症状が顕著に出やすい場所でもあります。花粉の少ない場所では感じなかったアレルギー症状が、花粉の多い場所へ行ったら強く出た、なんてパターンと同じです。


近年、アロマオイルなどの普及から、匂いで人のストレスを軽減したり、快眠を促したり、リラックスすることが出来ると認知されていますが、その逆もあるのは、当然ということです。


もちろん、新車臭を嗅いで頭痛がする=シックカー症候群というわけではなく、診断は難しいところではあるのですが、アレルギー症状によって引き起こされている可能性も、充分にあり得ます。


Sponsored Links



新車のイヤな臭いを消す方法は?


新車の独特なイヤな臭いを消す方法は、あるのでしょうか?シックカー症候群の症状にならないためにも、すぐにでも出来る方法から、確実に臭いを消す方法まで、さまざまな方法を紹介して行きたいと思います。


まず、新車の臭いというのは、いつまでも続くものではなく、”新車だから臭いがある”ということを理解しておきましょう。普通に使用している車であれば、早ければ、約1~2ヶ月、遅くとも、半年後には気にならなくなるものです。


自然に消えるであろう臭いを、いかに早く消すか?という方法をこれから、紹介していきます。速効性のあるものもありますが、そういったものばかりではないので、いろいろな方法を平行して試すことで、より素早く臭いを消し去ることが出来ます。

即効性の高い専用の消臭剤を使用する


消臭効果の高いカーブライトンは、とてもおすすめです。
こちらの消臭剤は、タバコやエアコン臭の他、新車臭の原因になっている揮発性有機化合物(VOC)にも対応している車専用の消臭剤です。



フタを開けてドリンクホルダーに置いておくだけで効果に期待できるので、車に乗っていない間も、消臭してくれ、いち早く新車の臭いを消したい方にピッタリのアイテムです。





車の臭い消しに役立つスプレーでシートの臭いも消せる


意外と揮発性有機化合物(VOC)は、車のシートなどにも使われています。が、布製品なのでなかなか消臭効果を得るのが難しいところでもあります。


そこでおすすめするのが、ルネキャットという光触媒の消臭スプレーです。抗菌・抗ウィルス効果もあり、安心して使えるスプレーです。光触媒とあるように、光に反応して消臭効果が得られますが、車内の明るさ程度でもちゃんと反応してくれるので、安心です。





車の拭き掃除をする


意外と有効なのが、車内の拭き掃除です。
車内の臭いは、意外と拭き取ることで消せます。ただし、水に弱いものも多くありますし、水に濡れて生乾きのような別のイヤな臭いが発生しても困るので、硬く絞ったぞうきんで拭くことをおすすめします。


インパネ周りはもちろん、ダッシュボード、ドア、車のシート、天井まで拭き取れば、臭いをだいぶカットできると思います。

車の換気をする


車の中は臭いがこもりやすい場所なので、換気することも大切です。上記のアイテムを試しつつ、車に乗るときは数分間換気をするようにしていたら、素早く新車の臭いを消すことができます!


【まとめ】


・新車の臭いの正体・原因は、揮発性有機化合物(VOC)によるもの
・頭が痛い、気持ち悪いといった症状は、シックカー症候群の症状の可能性もある
・臭い消しに最適なグッズは、カーブライトンとルネキャット
・拭き掃除と換気でさらに消臭スピードを上げられる


私も、3月に新車を購入したばかりなので、新車のイヤな臭いは凄く鮮明に分かります。最近の車は、昔の車と比べて新車臭が少なくなっているような気がするものの、やはり、頭が痛くなるので、上記の方法で対処し、約1ヵ月後には気にならなくなっていました!


換気も相当してましたが、新車の臭いを直接消してくれる、カーブライトンとルネキャットのコンボが効いたと思います☆是非、参考にしてみてください。