マンションやアパートを借りるにあたって、いろいろなお約束事があります。その中の一つに、石油を使った暖房器具の禁止があります。石油ファンヒーターや、石油ストーブがこれに当たります。


日本の冬の暖房器具としては、エアコンやこたつに続き、石油ファンヒーターや石油ストーブは定番とも言える暖房器具なのですが、マンションやアパートでの使用は、どうして禁止されているのでしょうか?


Sponsored Links



石油ファンヒーター、石油ストーブが禁止される理由とは?


石油ファンヒーターや石油ストーブは、室内の温度を温めるのに非常に効率的です。エアコンの風が苦手という人も多いので、石油ファンヒーターや石油ストーブが手放せないという人も多いと思います。


私は一軒家に住んでいるので問題はありませんが、冬場はエアコンをつけることはほぼなく、石油ファンヒーターとこたつの2つの暖房器具で冬を乗り切っています。


暖房器具としては、とても優秀だと思うのですが、何故、アパートやマンションなどの賃貸物件において、石油ファンヒーターや石油ストーブは禁止されているのでしょうか?

火事にリスクを減らすため


1つ目の禁止理由は、”火事のリスクを減らすため”です。
石油というのは、そのものが引火しやすいものであるので、エアコンや電気を使ったこたつ、ファンヒーター、ストーブと比べて火事が起こりやすいのが理由です。


電気を使った暖房器具も100%火事を防げるものではありませんが、直接、火を使った暖房器具である石油ファンヒーターと石油ストーブの方がリスクが高まるのは、何となく想像がつきますよね。


もちろん、アパートやマンションの契約をするときには保険などに加入しますが、火災が起こらないようにするというのは、大家さんのつとめでもあります。火事になれば、入居者さん全員だけなく、近隣住民の方の命の危険も危ぶまれます。


そういった経緯から、現在は、ほとんどのアパートやマンションなどの賃貸物件において、石油ファンヒーターや石油ストーブは禁止されています。


契約書にも書いてあることなので、賃貸において石油を使った暖房器具を購入する場合は、一度禁止されていないか、目を通しておきましょう。

一酸化炭素中毒になるリスクを減らすため


2つ目の禁止理由は、”一酸化炭素中毒のリスクを減らすため”です。
最近のアパートやマンションの作りは、かなり気密性の高いものとなっています。また、ワンルームなど面積の狭い部屋では、よりリスクがあります。


石油ファンヒーターやストーブを使用する⇒室内の酸素濃度が低下する⇒不完全燃焼となり、一酸化炭素中毒のリスクが高まってしまう、というわけです。


実際、故意ではない”一酸化炭素中毒による事故死”も度々報告があるらしいですから、充分に気を付けなくてはいけない部分であり、禁止すべき理由にもなっているのです。


大家さんは、入居者の死亡事故に起こると大変困るものです。良く耳にする”事故物件”になってしまいますので、そういったリスクは絶対に回避したいものなのです。

賃貸物件を守るため


3つ目の禁止理由は、”賃貸物件を守るため”です。
なるべく、建物の状態を悪くしたくないという大家さんの率直な意見によるものです。


例えば、石油ファンヒーターを使用すれば、排気ガスがそのまま室内に垂れ流す状態となりますので、ススが出ます。この出たススによって、壁紙が汚れてしまうのです。


また、石油ストーブなどは、結露が起きやすいです。結露すれば、カビも発生しやすくなるので、建物をダメにしてしまいます。こういった理由から、賃貸では、石油ファンヒーターや石油ストーブが禁止されているのです。


Sponsored Links



禁止されている暖房器具を使用するとどうなる?


上記の理由から、アパートやマンションなどの賃貸物件ではほとんど禁止されている石油ファンヒーターや石油ストーブですが、内緒で使っているという人も少なくありません。たしかに、寒がりの私からすると、エアコンとこたつのみで冬を越すのはなかなか厳しいような気はします。


けれど、オイルヒーターや電気ストーブなどもあるので、内緒で使うというのは少々リスキーな気がします。実際、禁止されている暖房器具を使用しているのがバレた場合、どうなってしまうのでしょうか?

火災のときに保険がおりない可能性も


契約書に”石油ファンヒーターや石油ストーブの使用を禁ずる”と書かれていて尚且つ、それに同意して契約をした場合、火災などのときに契約違反となり、保険の適用外となってしまうことがあります。


現状、玄関の前やベランダなどの見える位置に石油タンクを置いていない限り、バレることもあまりないと思いますが、こういったリスクは絶対に考えておかなければなりません。


【関連記事】
石油ファンヒーターが禁止の場合のおすすめの暖房器具は?


【まとめ】


・賃貸物件で石油ファンヒーターや石油ストーブが禁止される理由は主に3点
・1つ目は、火災のリスクが高いため
・2つ目は、物件の気密性が高く、一酸化炭素中毒のリスクがあるため
・3つ目は、アパートやマンションの建物の現状を守るため

・内緒で使う人も多いが、火災時に保険がおりない可能性もある


寒さをしのぐには、優秀な暖房器具なので使いたいという気持ちは凄く良く分かるのですが、契約として定められている以上、禁止されている石油ファンヒーターや石油ストーブは使用しないのが無難ですね。


調べていると、大家さんに使用してもいいか再度相談したらOKの返事をもらえた!なんてケースもあるようですので、ダメもとでお願いしてみるというのも1つの手かも知れません。