ちまき


こどもの日には、ちまき(粽)や、かしわ餅(柏餅)を食べる習慣があります。


しかし、関東生まれ、関東育ちの私は、”ちまきを食べる”こと、
恥ずかしながら、大人になるまで知りませんでした。


どうやら、こどもの日に食べる物の習慣は、日本の中においても、
関東地方、関西地方では、異なるようです。


Sponsored Links



関東育ちの人は、柏餅(かしわ餅)が一般的?


こどもの日=柏餅、私の住んでいるところ(北関東)は、これが一般的です。
小さい頃の記憶を辿っても、”ちまき”は食べたことがありません…。


柏餅に込められた意味


なぜ、こどもの日には主に関東において、柏餅を食べるのでしょうか?


かしわの葉っぱは、新芽が育つまで、古い葉が落ちないため、
これが、親・子になぞられました。


”子供が大きく育つまで、親も健康に生きることができる”
子の成長、親の健康、そして、子孫繁栄の意味があるのだそうです。



ちなみにこの風習は、江戸時代に江戸にて生まれたものです。
そのため、柏餅を食べる習慣が根強いのも、江戸に近い関東地方なんです。


関西育ちの人はちまき(粽)が一般的?


関西育ちの友人、何人かに聞きましたが、
こどもの日=ちまき、これは関西にて一般的なようです。


また、驚きの事実も分かりました。


私は、”関西の人はちまきを食べる”と知ってからも、
ちまきとは、あの「中華ちまき」、三角形?になっているちまきだと思っていました。


が、関西でこどもの日に食べられているちまきは、中華ちまきではなく、和菓子なんです。


写真も載せさせていただきましたが、この長細いものが、関西のちまき。


柏餅に限りなく近い、少し透明っぽい甘いお餅が入っているのだとか。
食べたことがないので、味は分からないのですが、美味しいそうです。


同じちまきでも、こんなに違うものとは思いませんでした。


Sponsored Links



・ちまきに込められた意味


こどもの日(端午の節句)の習慣は元々は中国由来の行事で、
”ちまき”も中国からそのまま風習として伝わったものです。


では、それがなぜ、関西地方にだけ伝わったのか…?ということですが、
こどもの日が日本に来たのは、奈良時代。
この時代は都が関西にあったため、ちまきを食べる習慣も、
関西に根付いた
、と言われています。


ちなみに、こどもの日に食べるちまきには、厄除けの意味があります。
柏餅に込められた意味とは異なるため、両方食べる地域もあるようです。


関西発祥のちまきですが、全国的に食べられつつあります。


節分の恵方巻きもそうですが、関西発祥のものとは言え、
全国的に広まりつつあり、その文化が定着する可能性も十分にあります。


元々の起源は中国にあり、中国のものが日本に入ってきたため、
本来の意味では、柏餅よりも、ちまきの方が正しいとも言えます。


また、関東と関西、柏餅とちまきを食べる文化の境目についても少し調べてみましたが、
愛知県(名古屋市)では、柏餅とちまき、両方食べる方も多いようです。