時計台



毎年、6月10日は「時の記念日」です。
6月10日は、祝日にはなっていない記念日になりますので、
大人の方でも、時の記念日を知っている人は少ないかも知れません。


※6月は年間で唯一、祝日のない月ですので、
時の記念日を祝日にするべきとの声もあるようです。


時の記念日の”時”とは、時間のことです。
この記事では、少々子供には難しい時の記念日の由来を紹介していきます。


親御さんや、幼稚園・保育園・小学生の先生向けにつくりましたので、
子供にわかりやすく説明する時に参考にしてみてください。


Sponsored Links



時の記念日の由来 なぜ、6月10日なのか?


時の記念日が生まれたのは、1920年の話になります。
生活改善同盟会と、東京天文台とが日本国民に対して、
時間の大切さや、生活習慣の改善・合理化を求めてつくられました。


子供においても、時間を守ることの大切さは小さいうちから学ぶべきです。


お弁当や給食の時間が決められているのも、
幼稚園や保育園、小学校に登園・登校する時間が決まっているのも、
「時間」があるからなのです。


もし、「時間」がなくなったら…というお話をまじえながら、
子供に、時間の大切さを教えてあげると良いと思います。


なぜ、6月10日なのか?というところですが、
これは、天智天皇が即位して10年後の4月25日にさかのぼります。


この日に、時間を測るものとして、「漏刻」(ろうこく)が設置されました。
いわゆる”水時計”と呼ばれるもので、容器に水が流れ、
その水の貯まり具合で時間が測れる時計です。


これが、時の記念日のはじまりです。
天智10年4月25日は、新暦になおすと、671年の6月10日のことです。


元々、”日時計”はあったようなのですが、日時計ですと、
夜の間は時間を測ることができなくなります。
漏刻が設置されたことによって、一日中時間が分かるようになったのです。


また、このことは「日本書紀」にも記されているようです。
このあたりはちょっと、子供には難しいので、はしょります。


時の記念日の由来は、600年代と、かなり歴史の古いものになりますが、
先述の通り、時の記念日が正式に制定されたのは、1920年のこと。
大正9年の頃の話ですので、歴史においては、まだ新しい記念日です。


Sponsored Links



時の記念日は何する日?


幼稚園・保育園、小学校では、「時の記念日」(6月10日)付近に、
時計作りや、工場の見学、”時計”、”時間”にちなんだイベントや行事が行われているようです。


大人にとってはもちろんのことですが、子供にとっても、
これから大人になっていくにつれ、時間の概念は必要になってきます。


また、時間の大切さもわかりやすく子供に説明するべきですが、
時の記念日は、「時は人を待たず」、時間が過ぎゆく尊さを考える意味も持ちます。


時間を守ることも大切ですが、子供たちは子供たちと仲良く、
今の時間も大切にすることや、お父さん、お母さん、
家族と過ごす時間についても、わかりやすく説明してあげると良いですね。