ウェディングブーケ


”結婚式”と聞くと、6月を思い浮かべる人も多いと思います。
「June Bride」(ジューン・ブライド)と言われるからです。


このジューン・ブライドの「Bride」とは、花嫁、新婦と訳します。
「June」は、6月の英語。
つまり、ジューン・ブライドというのは、”6月の花嫁”という意味のある言葉です。


では、どうして「6月」なのでしょうか?
その意味について、調べてみました。


Sponsored Links



6月に結婚式を挙げると良いとされる理由


”6月の花嫁”となった人は、生涯幸せに暮らせる、そんな言い伝えがあります。


6月の花嫁は、「June Bride」(ジューン・ブライド)。
英語が使われているように、結婚式が6月に良いとされる理由は、
ヨーロッパ圏より日本に入ってきたと言われています。


くわしく調べてみると、その理由は大きく分けて3つあるようです。
諸説ありますが、1つ1つ、わかりやすく説明していきます。


3月、4月、5月の結婚はダメだった?


3月、4月、5月は天候も良く、ヨーロッパ圏では農作業が盛んに行われていました。
そのため、”仕事に励むように”と、昔のヨーロッパ圏では、
3月、4月、5月の間、結婚式はおろか、「結婚」そのものを禁じていたそうです。


Sponsored Links



そのため、それが解禁になる6月に結婚式が殺到したのだとか。
解禁月を待っての結婚に祝福も多かったことから、6月の花嫁は幸せになると言われたそうです。


今の日本においては、3月、11月の気候の良い月に結婚式を挙げられる方が増えています。
問題の6月は梅雨のため、あまり多くはないのです。


・天候の良いヨーロッパの6月


日本では6月=梅雨。雨が毎日のように降り、ジメジメするイヤな時期です。


しかし、ヨーロッパのお天気は1年の中でも最も良い季節
雨の少ない月で天候も良く、結婚式にはピッタリの時期なんです。
日本において、3月と11月が選ばれるのと同じ感覚なんです。


そういった理由で、ヨーロッパは6月に結婚式が多いとされています。


・ローマ神話の女神に由来している


6月は英語にすると「June」ですが、ここに出てくるローマ神話の女神の名は「JUNO」。
ユーノーと読みます。6月のジューンと、女神のユーノー、
この2つが6月の花嫁の起源になっていると言われています。


女子供を守る、家庭の守護神とされる母なる女神がJUNO。
結婚生活を見守ってもらえる、と6月に結婚式が挙げられるようになりました。


日本において、6月に結婚式を挙げる理由


「June Bride」(ジューン・ブライド)はもちろん、
6月の花嫁は幸せになれる言い伝えは日本でも広まっていますが、
日本において、6月に結婚式を挙げる理由は少ないんですね…。


一番の理由は、梅雨の時期に当たるからです。


結婚式の件数の統計をグラフにしたものを見たのですが、
11月がピーク、次に3月、6月に結婚式を挙げられた件数は、
近辺の4月、5月、7月と比べても少ないんです。


わざわざ天気の悪い日にすることのない、大きなイベントですから、
ヨーロッパの言い伝えよりも、日本の天候が大きな理由になります。