雨模様


梅雨の時期、気になるのは「カビ」です。
この時期に生えるカビの原因は、もちろん、湿度。



小さなお子さんのいる家庭だと、より気になる「カビ」。
今日は、カビの予防方法と、除湿機の効果についてのお話です。


Sponsored Links

カビの発生条件 カビは何故生えるのか?


多くの方は、湿度の高いところ、気温の高いところにカビが生えることはご存知ですよね。
では、具体的に気温・湿度がどのくらいになるとカビが生えるのか、知っていますか?


カビが好む、気温と湿度


カビは今、空気中に漂っています。
…なんてお話をすると、「え?」と思うかも知れませんが、
カビのたまご、胞子は空気中、どこにでも漂っています。


カビが空気中にいるのは当たり前のことで、何もおかしくありません。
ただ、そのカビが好む条件に達すると、芽が出て目に見える「カビ」となるのです。


温度は、約25~30℃、湿度は、60~80%以上がカビの好む環境です。
この発生条件に達すると、空気中にあったカビの胞子があちこちに付着し、
「カビ」となって、生えます。


カビは、カビを呼ぶ? カビが増える理由


1つのカビの胞子が芽を出すと、それがどんどん増えていきます。
私たちが目にするカビは既に、充分に育ったカビです。


この目に見えるカビは、カビの胞子を吐き出しますので、
そのあたりの空気中のカビの胞子は増え、付着しやすく、発生しやすい環境になります。


カビがカビを呼び、空気も悪くなるわけです。
この繰り返しになるので、まさに、悪循環に陥るんですね。


カビが体に良くない!とされるのは、空気中にカビの胞子が増えている時。
体調の優れない方はもちろん、アレルギー体質の方、
年配の方、赤ちゃん、子供には特に良くないので、環境を変えなくてはなりません。


では、どのように予防するべきなのか?
簡単にカビの予防効果を得るならば、「除湿機」を置く方法があります。


Sponsored Links


カビの予防には除湿機 その効果とは?


カビの予防にも、いろいろな方法がありますが、手っ取り早いのは、家電に任せること。
特に、「除湿機」はカビ予防の効果も高く、おすすめです。


先述の通り、カビの発生条件の1つに、湿度、60~80%以上とあります。
この湿度を下げることができるので、除湿機を部屋に置くことによって、
カビが発生しにくい環境を作ることができます。


閉めきった部屋の中でも、湿度の調整ができますので、
カビの繁殖を抑えられます。


除湿機能や、殺菌機能の付いた空気清浄機は?


最近は、除湿機能や、殺菌機能の付いた空気清浄機もありますが、
除湿効果が高いのは当然、除湿機になります。


もちろん、何もないよりは、空気清浄機がある方が少しでもカビの予防ができますが、
本格的にカビの予防をするならば、断然、除湿機がおすすめです。


また、除湿機の効果は、カビの予防だけではなく、
梅雨の時期の洗濯物を家の中でも早く乾かすことができます。
主婦にとっては、カビ予防に続いて、うれしい除湿機の効果です。