北海道


6月~7月、本州は「梅雨」の真っ只中。毎日降り止まない雨にウンザリ。
そんな人も多いのではないかと、思います。


梅雨は、”梅雨前線”と呼ばれるものが原因になっていて、
日本は、最南にある「沖縄県」から、順番に梅雨入りして行きます。


少しずつ北上するこの梅雨前線なのですが、徐々に勢いは衰えるため、
北海道まで到達する時には既に、”梅雨”のようには雨が降りません。


そのため、北海道は日本で唯一、梅雨のない地域になっています。
これは、気候学的にも”梅雨がない”とされていて、気象庁のHPにおいても、
北海道の梅雨の情報はありません。


しかし、北海道には、蝦夷梅雨(えぞつゆ)と呼ばれるものがあるそうです。
普通の梅雨とは何の違いがあるのか、調べてみました。


Sponsored Links


蝦夷梅雨(えぞつゆ)とは?その時期予想!


蝦夷梅雨(えぞつゆ)は、北海道に10日間~15日間ほど続く、梅雨のような時期のことです。


本州以南のように、毎年必ず訪れるものではなく、年によって、
蝦夷梅雨のある時、ない時があるようです。


梅雨がない北海道なのに、なぜ、梅雨が訪れるの??と、疑問に思うかも知れませんが、
先述の通り、梅雨の原因となる”梅雨前線”は北海道にも到達します。


ただそれが既に衰えた梅雨前線であるために、「梅雨」と定義されないわけですが、
この梅雨前線のある時は、梅雨ほどではありませんが、お天気が悪くなります。


これが、蝦夷梅雨です。北海道の昔の呼び名”蝦夷”(えぞ)から来ています。
主に、北海道の中でも南西部の太平洋側にみられる現象です。


北海道の梅雨!どんな雨が降る?その時期はいつ?


蝦夷梅雨は、本州の梅雨と同じように、オホーツク海の高気圧の影響を受けています。
時には大雨が降ることもあるようですが、雲行きが怪しいだけの日もあります。
北海道の降水量を見ても、それほど多くはありません。


その時期はだいたい、本州の梅雨末期の頃と言われています。
6月中旬すぎから、7月上旬といった頃でしょうか?


もし、今年も蝦夷梅雨で天気が悪くなるようであれば、この時期になります。
ニュースでは、関東の梅雨入り中期~後期に注目すると、予想も立てやすいです。

Sponsored Links


蝦夷梅雨の時期にリラ冷えにもなる?


この時期の北海道には、”リラ冷え”と呼ばれるものもあります。
この蝦夷梅雨の時期も天気が悪く、気温が下がるため、
蝦夷梅雨を、リラ冷えと呼ぶ声もありますが、本来は別物です。


リラ冷えの「リラ」とは、ライラックのことで、ライラックが咲く頃、
5月下旬~6月上旬に気温が一時的に下がることを、リラ冷えといいます。


北海道民にとっては、非常に風邪のひきやすい時期でもあるので、
リラ冷え、蝦夷梅雨の来る季節は、体調管理をしっかりと行いたいですね。