バス

初めて、夜行バスを利用した旅行に行かれる方。
ワクワクもしますが、不安に感じていることも少なからず、あるはずです。

今日は、そんな初めて夜行バスに乗る方向けの持ち物のお話です。
最低限、準備しなければいけないものと、あると便利なアイテムまで、
快適な旅行をサポートさせていただきます。

Sponsored Links

夜行バスに乗る時の持ち物

”旅行に行くこと” これがメイン、あくまでも夜行バスはそこへ行くための手段です。
そのため、夜行バスの準備って、みなさん、手を抜いてしまいがちなんです。

・乗車に必要なもの ※注意点あり

まず、既に夜行バスの予約は済ませてある前提でお話しますが、
予約が分かるものを、乗車の時、係員さんに見せる決まりになっています。

予約時にお知らせが来ていると思いますので、良く、確認してください。
ここは、絶対です。下手すると、乗れない可能性も出てきます。

…と言うのも、お恥ずかしながら私、失敗したことがあります。
これはバス会社によっても異なるので、勝手が違う場合もありますが、
この時私が乗るはずだったバスの予約券は、”プリント”が必要なものでした。

それまでにも、10回程度は夜行バスを使ったことがあるのですが、
そのほとんど、メール画面を見せる OR スマホ画面を見せることで
乗車が出来るものだったので、この時もそうだと、勝手に勘違いしました…(汗)

でも、プリントアウトしなくては乗車出来ないものだったらしく…
「これ(スマホ画面)では乗れないんです、すみません」と言われてしまいました。

このあと、再度お金を払う形で、当日乗車の扱いにしていただき、
予約したものはキャンセル・返金として対応していただけたのですが、
本当、次の日も仕事なのに、大阪から戻れないかと思いました(汗)

こうならないように、本当に良く確認してくださいね m(__)m

乗車に必要な物は、以上です。
特に”コレ”といって、たくさん持ち物があるわけではありませんので、
乗車券だけ、注意するようにしてください。それさえあれば、乗れます。

Sponsored Links

・夜行バスであると便利なアイテム、注意点

バスの中は、飲食が出来ます。ただ、”夜行バス”ですので、
バスで軽食を取る人もいますが、すぐ寝てしまう人もたくさんいるので、
音の出る食べ物や、ニオイのある食べ物はやめましょう。

飲み物はあまり飲み過ぎてもトイレに行きたくなるだけですので、
ペットボトル1本程度、持っておくと安心です。

サービスエリアにも寄りますが、この頃には既に寝ている時間なので、
降りるのが面倒だと感じる場合も多いです。

また、車内は冷暖房完備なので、かなりノドがやられます。
寝る時はマスク着用がベストです。

あとは、寝具類です。ブランケットが付いている夜行バスもありますが、
たまにそれでも寒いバスがあるので、寒がりな人は、上着もあると良いです。

寝付きにくい人や、寝違え防止にアイマスクや、首枕も便利です。
首枕は、空気で膨らますタイプのものがコンパクトに収納出来ておすすめです。

・その他の便利アイテム

携帯充電器、音楽プレイヤーなどの娯楽品や、酔い止め、頭痛薬、
歯ブラシなどがあると、快適に過ごせます。

また、女性の方はメイク落としシートがあると凄く便利です。
お肌にはあまり良くないとされますが、落とさないよりはいいですね。

さらに、普段コンタクトを使用している方は、メガネ、メガネケースも忘れずに。

以上、初めて夜行バスに乗る際の持ち物についてでした。
ぜひ、参考にしてみてください。