毎年、7月7日は七夕です。
七夕が近くなると、色とりどりの短冊飾りをあちこちで見かけるようになります。
色とりどりある短冊ですが、実は決まった5色が使われるって知っていましたか?


また、その5色に書く願い事は色に応じて決められているんです。
現代の、”一枚の短冊に好きな願い事を書く”という習慣は、
七夕本来のやり方としては、ちょっと間違いなんです。


短冊の色の意味や、色で異なる書くべき願い事、さらに、
現代人が間違えている正しい願い事の書き方について詳しく紹介していきます。


Sponsored Links



短冊の色は何で5色なの?



短冊


七夕の習慣は、中国がルーツとなっています。
短冊の色が5色と決められているのも、古代中国に伝わる、
”陰陽五行説”に由来していることが理由です。


この陰陽五行説では、自然界は、「木・火・土・金・水」
この5つで成り立っていると考えられているもので、それぞれの色があります。

陰陽五行説で成り立つ短冊の色


・木⇒青々とした木々のイメージで、青または緑
・火⇒火はそのままのイメージで、赤
・土⇒広い大地をイメージした、黄色
・金⇒地中にある金属の意味で、白
・水⇒生命をイメージしている、黒または紫


水⇒黒または紫、金⇒白など、私たちのもっているイメージとは少し異なりますが、
陰陽五行説の中では、このように色分けがされています。


そして、この色こそが、今、短冊に使われている5色ということです。
青(緑)、赤、黄色、白、紫色の5色です。


水は黒をイメージした色ですが、黒という色はあまりイメージが良くありません。
日本において、黒という色はお祭りごとやお祝いごとには使われないので、
その代わりとして紫が使われるようになりました。


また、この短冊の色は人の生き方をあらわしているものでもあります。
短冊の書き方は、それぞれの色のもつ”意味”に適した願い事を書くことで、
より叶いやすいものとなります。


5色の短冊の色の意味と願い事の書き方


陰陽五行説は、自然界の成り立ちに色を設けたものですが、
それを、人が人として正しく生きていくための、”徳”にも当てはめられました。


それが、人間の五徳、「仁・礼・信・義・智」です。
これは、孔子(儒教の思想家)が説いた思想です。

青の短冊は「仁」 人間力を高める


青(緑)の短冊は、「仁」です。
人として、さらに成長できるような、願い事を書くのが適切です。


自分の苦手なことを克服するようなものや、短所を改めるもの、
人として、どうあるべきか?ということを願い事に書くと良いです。


子供向けならば、「苦手なトマトを食べられるようにする」、
「遊んだおもちゃはちゃんと片づける」、こういうものが良いですね。

赤の短冊は「礼」 感謝の心


赤の短冊は「礼」です。
家族や身近な人のための”ありがとう”を込めた願い事が適切です。


両親がいて、祖父母がいて、ご先祖さまがいての自分ですので、
家族にまつわるような、感謝の願い事を書いてみてはいかがですか?


子供向けならば、「おばあちゃんとおじいちゃんが長生きできるように」とか、
「みんなが、健康で元気でいられるように」といった願い事が良いです。

黄色の短冊は「信」 誠実


黄色の短冊は「信」です。
嘘はつかないという誠実な心が伝わる願い事が適切です。


とくに黄色の短冊は、人間関係にまつわるものが適しているので、
信頼といった意味合いで、願い事をするのが良いですね。


子供向けならば、「たくさん、友達をつくる」だとか、
「友達に優しくする」、「人見知りが治るようにする」などがおすすめです。

白の短冊は「義」 ルールを守る


白の短冊は「義」です。
規則や義務、そういった意味のある願い事が適切です。


私利私欲では動かず、正義感の”義”でもあります。
義務や規則だけでなく、正義をあらわす願い事も良いです。


子供向けならば、「遅刻をしないで学校に行く」とか、
「宿題は忘れない」、「先生のいうことをきく」などがいいですね。

黒の短冊は「智」 学業


黒の短冊は「智」です。
勉学に励むこと、学業向上の願い事が適しています。


受験や資格などの勉強もそうですが、本を読む、
英単語を覚える、さまざまな学業に関するものが望ましいです。


子供向けならば、「漢字がたくさん書けるようになる」とか、
「テストで100点をとる」といったものがいいです。


願い事を叶える短冊の書き方とは?


願い事を書くとき、「〇〇が出来るように」、「〇〇になりますように」
といった、”ように”と語尾につけることがありますが、
短冊に書く願い事としては、不適切だって知っていましたか?


願い事、望みとしての書き方といえば、正解ではあるのですが、
こういった書き方よりも、目標として言い切る方が願い事は叶います。


「逆上がりが出来るようになりますように」という願い事は、
「逆上がりが出来るようになる」といった具合に語尾を言い切ります。


こういった短冊の書き方をすることで、願いは、現実のものとなります。
是非、5色の短冊の願い事全てが叶いますように、
こういった書き方にしてみてはいかがでしょうか?