七夕


七夕の風習・行事は、幼稚園・保育園・小学校でも行われます。
一人一人、短冊に願い事を書き、それを、笹の葉に飾り付けします。


そのため、個人的に自宅に七夕のお飾りを飾る人は意外と少ないです。
でも私は、園や学校だけの行事ではないと思っているので、
自宅にも、七夕飾りを飾って、家族の願い事を祈るのもステキだと思います。


今日は、七夕飾りの捨て方について、です。
七夕に使用した短冊などのお飾りは、いつ捨てれば良いのか、
また、どのような捨て方をするのがマナーなのか、調べてみました。


Sponsored Links



七夕飾りは、いつ捨てる?また、その捨て方は?


七夕飾りは、そのほとんどが”可燃ゴミ”に入ると思いますので、
そのまま、ゴミの日に出される方も多いようです。


しかし、願い事を込めた飾り物を、そのままゴミにするって…。
なんだか、気が引けてしまいますよね?


お正月飾りを捨てるための、”どんと焼き”のような習慣は、
七夕にはないのでしょうか?


七夕飾りはこう捨てる!七夕送りの由来&意味


お正月のどんと焼きに値する、七夕の行事は「七夕送り」と呼ばれています。


七夕送りとは、使用した七夕飾りを、海や川に流すことです。
地方によっては、「七夕流し」と呼ぶところもあるようです。


Sponsored Links



由来は、川や海の果ては、空にある天の川にあるとの、中国の伝説から来ています。
七夕飾りは海や川に流して、神様のところまで届けるという意味もあります。


しかし、海や川にモノを捨てるのは、七夕の飾りとは言え、マナー違反との見方もあり、
最近では、海や川を汚さないようにと、この風習はなくなりつつあります。


たしかに、七夕送りの由来や意味は、”七夕”にちなんだものでロマンチックですが、
ゴミを流すというのは、やっぱり、良くないですよね…。


そういったところから、七夕が終わったら、”お焚き上げ”として、
七夕飾りを燃やす地域もあるのだそうです。


七夕飾りを燃やす、七夕送りの意味は、願いが煙に乗って届く、
と言われています。
が、これも、マナー違反といえば、マナー違反に入ってしまいます。


川に流すか、海に流すか、燃やすか、ゴミとして出すか…。
風習の問題なので難しいですが、今の日本ならば、終わった七夕飾りは、
ゴミの日に”可燃ゴミ”として出すのがルールとしては正しいのかも知れませんね。


七夕飾りはいつ片付ける?短冊など、捨てる日はいつ?


七夕のお飾りは、7月7月、七夕の日に飾りますが、そのお飾りは、
翌日の7月8日の夜に”七夕送り”をするのが一般的となっています。


そのため、園や学校ならば、翌日、7月8日の子どもたちのいる時間帯に、
自宅ならば、7月8日の夜に片付けるようにしてください。