髪の毛


夏休みの登校日や、バイトなどの面接、急なお葬式・法事の時、頭髪検査の日など、
明るい髪色を1日だけ暗くできる「黒染めスプレー」は非常に便利です。


私自身、高校生の時には、この黒染めスプレーに何度もお世話になりました。
でも、最初のうちは上手く出来ませんでした。
スプレーのため、ムラが出来てしまったり、首や耳に付いてしまったり、
パリパリになってしまい、黒染めスプレーだと、ひと目でばれてしまうくらい…。


ばれないように、キレイにサラサラの自毛のようにするには、
黒染めスプレーをどのように使えば良いのでしょうか?


Sponsored Links

黒染めスプレーの上手なやり方&コツ


黒染めスプレーは、その名前の通り、スプレー状に出てくるので、
暗くしたい部分にふきつけるだけで、髪色を暗くすることができます。


キレイに染めるコツとしては、まず、準備するものがあります。
ヘアブラシと、ヘアコーム、汚れても良いパーカー、サランラップです。


黒染めスプレーは、今や、100円均一でも販売しています。
100円均一のものはさすがに使ったことがないですが、
ドラッグストアのものでも、1000円以下で購入することができます。


サランラップは、耳のところや、首のところに巻いて黒くなるのを、防ぎます。
パーカーなど、前あきのものを着てやると、脱ぎ着しやすく便利です。


おでこの生え際や、こめかみの周辺、うなじなどの部分には、
水をはじく油性のクリームを使用すると、黒染めスプレーがかかった時にも、
簡単に黒くなった部分を落とすことができます。


美容室でも、染める時におでこ等に塗ってくれるアレです♪
水をはじく油性のクリームというとあまりピンと来ませんが、
ニベアクリームなどの市販のハンドクリームなどがそれに当たります。

わざわざ買うことはないので、家にあるハンドクリームを使ってみてください。


Sponsored Links

黒染めスプレーのやり方


では、黒染めスプレーのやり方になりますが…、
まずは、充分に自毛を乾かし、ヘアブラシでとかしておいてください。
絡まりがあるとムラも出来やすいです。


長時間使用するのであれば、お風呂でシャンプーをする、
ドライヤーで乾かす→ヘアブラシでとかしてからのスプレーがおすすめです。


また、髪を縛る場合は、スプレーする前に縛っておきます。
おろしたままでも良いですが、縛る方がばれにくくはなります。


黒染めスプレーする部分も少なく済むので、成功しやすいと思います。


そしてスプレーしていくわけですが…、ここでヘアコームの出番です。
スプレーしたところは、割とすぐに乾いて、パリパリになってしまいます。
また、色ムラも出来るので、スプレーする⇒コームでとかす、を繰り返します。


コツとしては、このヘアコームでとかすことが、凄く重要になってきます。
実際にやってみると分かりますが、コームでとかさなかったところは、
すぐにパリパリになってしまいます。


でも、コームですぐにとかすと、自毛のように…とまでは行きませんが、
触れないと分からないくらいには、サラサラしているように見えるはずです。


この繰り返しです。少しスプレーする、コームでとかすを繰り返して行けば、
きっと、ムラもなく、パリパリしない自然に近い黒髪が出来上がります。


尚、髪の毛を縛っている時も同じです。
コームを入れるのは少し大変ですが、丁寧になでるようにとかしてみてください。


かけすぎると、黒染めスプレーはパリパリに固まってしまいますので、
少しずつ、少しずつ、噴射していくのがコツです。ぜひ、参考にしてみてください。


あくまでも、パリパリにならない、バレにくい方法になりますので、
頭髪検査など、近くで見られる場合は、十分に気を付けてくださいね><
私も、黒染めスプレーをしたのに、髪の毛を触られてアウトーっ!!ってことが、
高校生の時にありました(苦笑)


この方法でやれば、自然な仕上がりに近くはなりますが、
髪色戻し、黒染め(カラーリング)とは異なるので注意してください。