なぜ


”紫外線散乱剤””紫外線吸収剤”って、聞いたことありますか?
これらの成分は、私たちが使用している「日焼け止め」に含まれている成分です。


”紫外線散乱剤”のみが含まれている日焼け止めもあれば、”紫外線吸収剤”と、
”紫外線散乱剤”の両方が含まれている日焼け止めもあります。


良く日焼け止めのパッケージに書かれている”ノンケミカル”や、
”吸収剤フリー”とは、この”紫外線吸収剤”が使われていないことが記されています。



日焼け止めは、お肌を紫外線から守るアイテムですが、実は肌に良いものではなく、
紫外線散乱剤と吸収剤、両方使用しているものは、肌負担も大きいです。


そのため、吸収剤を使用しないものが、近年人気が高まっているんです。


赤ちゃんや子どもでも使用出来る日焼け止め、敏感肌用の日焼け止めをはじめ、
UVカット効果のある化粧下地、テクスチャーが透明なジェルタイプや、水タイプ、
スプレータイプの日焼け止めは、散乱剤を主成分とするものが多いです。


”紫外線散乱剤”と”紫外線吸収剤”。上記を見ると、紫外線吸収剤の方が、
効果が強く肌負担も大きいように思えますね。
でも、吸収剤には吸収剤のメリットもあります。


今日は、”紫外線散乱剤”と”紫外線吸収剤”の成分の違いについて、
また、それぞれの成分のメリットとデメリットについて、紹介します。


Sponsored Links

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤とは?


成分の特徴


紫外線散乱剤は、”散乱”とあるように、肌にあたった紫外線を跳ね返す成分です。
皮膚の上に散乱剤を含む日焼け止めを付けることによって、鏡の反射のように、
紫外線を反射することが出来ます。


紫外線散乱剤の成分には、酸化セリウムや、酸化チタン、タルク、酸化亜鉛などの
金属の粉が使用されていることが多く、金属の膜によって、紫外線を跳ね返します。


紫外線吸収剤は、”吸収”とあるように、吸収剤含む日焼け止めを肌に塗ると、
紫外線を熱などの別の物質に変え、放出ができるしくみになっています。
紫外線吸収剤の成分には、サリチル酸2オクチルや、バルソールAなどの
成分が使われています。


・それぞれのメリット


紫外線散乱剤のメリットは、お肌への負担が少ないことにあります。
物理的に紫外線をシャットアウトできるので、効果も続きやすいのが特徴です。


子どもや赤ちゃんでも使える日焼け止めの主成分になっているので、
日焼け止めの使用で、肌荒れする方など、お肌の弱い方にもおすすめしています。


対する紫外線吸収剤のメリットは、テクスチャーが使いやすいことにあります。
ベタベタする日焼け止めとは違い、サラッとしたテクスチャーのものが多く、
付け心地も良いです。


また、化学物質を使用している分、ローションにも、ジェルにもなります。
濃度を濃くすれば、高いSPF(50++)などの日焼け止めも作れるので、
海やプール、山、リゾート地でも使用もおすすめです。


Sponsored Links

・それぞれのデメリット


紫外線散乱剤のデメリットは、あくまでも”金属の粉”を利用しているので、
その粉に、必要な皮脂まで吸収されやすく、乾燥してしまいがちです。
日焼け止めを塗ると、白っぽくなるのも、散乱剤が原因だと言えます。


白浮きしないタイプの紫外線散乱剤入り日焼け止めも出てきつつありますが、
仕上がりの良さを見ると、紫外線吸収剤が含まれたものの方が、おすすめです。


しかし、紫外線吸収剤はお肌に負担が大きいのがデメリットになっています。
吸収しつつ、肌の上で化学反応が起こるため、肌の負担が大きくなってしまいます。


また、紫外線吸収剤が吸収できる量には限りがあるため、まめに塗り直さないと、
すぐに効果がなくなってしまうのも、吸収剤のデメリットだと言えます。