アンクレット



夏になると足首に”アンクレット”を着ける人が増えます。


私も夏は、足首にアンクレットを着けるのですが、
いつも左に着けるか右に着けるか、迷ってしまいます。


右に着ける時、左に着ける時では、何か違いがあるのでしょうか?


よくよく調べてみると、アンクレットには、意外性のある意味があるようです。
左足首に着ける意味とは?右足首に着ける意味とは?
アンクレットについて、調べてみました。


Sponsored Links

アンクレットの語源とは?着けられるようになった背景


アンクレットは、ankle(アンクル)が語源にあります。
ankle(アンクル)とは、foot(靴を履く部分)とleg(いわゆる脚)の間を指し、
日本語では「足首」の意味があります。


腕にする腕輪を”ブレスレット”といいますが、
アンクレットは、足首にする輪のことだから、”アンクレット”と呼ばれています。


足首にチラリを見えるのが、オシャレなので、あまり目にはつきませんが、
男女問わず着けている人は多く、さり気なく着けている感じが私は好きです。


人が着けていても、「おっ」と思わせてくれるアイテムだと思います。


アンクレットの歴史


そんなアンクレットの歴史は、とても昔にさかのぼります。
古代エジプト王朝よりも前から着けられていたとされていて、ローマ時代には、
アンクレットをすることは、既に珍しいことではなかったとされています。


しかし、”オシャレ”として楽しんでいたものではなく、元々アンクレットや、
ブレスレット、ネックレスは、洋服を着る部分にあたるため、
悪いものが体の中に入って来ないようにと、お守りのようなものであったようです。


昔の人は、今ほど医術は発達しておらず、病気になる過程が分からなかったため、
”悪いものは外から入る”とされていたからです。


特に足元は、地面に近いため、アンクレットは「魔除け」の意味で
使用されていました。


また、もう1つ。アンクレットには、重要な意味がありました。
それが、”奴隷の足首にする輪”です。囚人が着けているようなもの…と言えば、
何となく想像が付くでしょうか?「手錠」ならぬ「足錠」です。


これが、現代においての”アンクレットの左右の意味”につながっています。


Sponsored Links

アンクレットは左?右?どちらに着けると良い?その意味とは?


アンクレットを右の足首に着けるべき人は、「独り身」の人です。
男女問わず、恋人のいない人、独身の人は、右足首に着けると良いです。


既婚者の方や恋人がいる方が右足首に着ける場合、「浮気相手を募集しています」
といった意味合いになってしまいます。逆に、そういった相手がいない場合は、
「恋人募集中」という意味になります。


また、右足首のアンクレットは、「自分の望む力をより高める」という意味があります。


アンクレットを左の足首に着けるべき人は、相手のいる人です。
左足首に着けていると、「彼女・彼氏がいます」「既婚者です」といった
意味合いになります。


しかし、左足首のアンクレットには、お守りや、安心の意味もあります。


ちなみに私は、左の足首にアンクレットをしています。
結婚しているので間違いありませんが、既婚者だから着けているわけでもなく、
ちょっとした”オシャレ”と、お守り的な意味合いのほうが強いです。


実際に私の友達何人かにも聞いてみたのですが、”左足首”に着ける派が大半でした。
アンクレットの意味についても「知らない」「初耳」との声が大きかったので、
特別に何かないのであれば、意味は無視して、好きな方に着けて良いと思いますよ!