フリクションボールペン


フリクションボールペンは、”消せるボールペン”として、今人気のある文房具。


見た目は、何の変哲もない普通の”ボールペン”。
でも、先端についているラバーでこすると、みるみるうちに文字が消えていきます!


私も使っているのですが、仕事用の手帳を書く時、文書を書く時に凄く重宝します。
そして、消した箇所がよ~~く見ないと分からないため、見栄えも良いんです。


でも、フリクション(消せるボールペン)には、「勝手に文字が消える」なんて、
こわいウワサが…。なぜ、勝手に文字が消えてしまうのでしょうか?
また、消えた文字を元に戻すには、どうすれば良いのか?調べてみました。


Sponsored Links

消せるボールペンの仕組み


ボールペンの文字なのに、なぜ、フリクションは消すことができるのか?
その仕組みは、”摩擦による熱”にあります。ラバーを使って、紙に書いた文字を
こすり、摩擦で熱を与えると、インクに含まれた成分が無色に変化します。


凄い画期的ですよね。でも、指でこする程度では、消えませんでした。
どうやら、その熱は65度以上の温度にならないと、いけないようです。


一気に消す裏技としては、ドライヤーを当てる方法などがあります。
指でこするのは実際に試してみましたが、ドライヤーはこわいのでやってません(笑)
一気に文字を消したい方は、ぜひトライしてみてください。


消せるボールペンが勝手に消える理由


つまり、勝手に文字が消える理由も、”熱”にあるわけです。


例えば、炎天下に置いておいた場合、車の中に放置してしまった場合、
パソコンの近くに置いておいた場合など、勝手に文字が消えてしまったという、
トラブルが報告されています。


大事な書類の文字が勝手に消えた…なんてことになったら、顔面真っ青ですよね。
なので、消せるボールペン(フリクションなど)を使用している時は、
そのノートなどの保管場所には、気を付けてください。


自分用の手帳などであれば良いかも知れませんが、本当に大事な書類だったり、
人とやりとりするものであれば、フリクションは避けるべきかも知れません。
仕事用なら、名入れできるボールペンも良いですね。


Sponsored Links

消せるボールペンの消えた文字を復活させる方法はある?


ここからは、熱で消えてしまった消せるボールペンで書いた文字を戻す対処法のお話。
65度以上で消えてしまったその文字、なんとか元に戻せたら…って人も多いんです。


ずばり、対処法は”冷やすこと”にあります。


フリクションは、熱に反応して消える仕組みになっているので、冷やすことで、
その真逆の効果があるわけです。ウソ!と思うかも知れませんが、本当なんです。


冷やす温度は、マイナス10度くらい。
つまり、フリクションは、65度以上になると消え、マイナス10度になると戻ります。
この範囲内で使えるボールペンということになりますね!


じゃあ、書いた紙をマイナス10度にするにはどうすればいいんでしょうか?


一番手っ取り早いのは、市販されているコールドスプレーを吹き付ける方法です。
自宅の冷凍庫で冷やすことでも対処できるようですが、それなりに時間がかかります。
素早く消えた文字を復活させたい場合は、コールドスプレーを使用すると良いです!


フリクションボールペン(消せるボールペン)が勝手に消えるだなんて…
そんな風になったことがなかったので、知りませんでしたが、”本当”なんですね。
でも、ちょっと復活できると知って安心しました♪


とっても便利な文房具であるのは間違いないので、これからも使い続けます!