兜


毎年、5月5日は「こどもの日」です。
この日は、”端午(たんご)の節句”とも呼ばれています。


今日は、そんな端午の節句(こどもの日)に飾る、
五月人形や鯉のぼりの意味について、わかりやすく紹介していきます。


Sponsored Links


こどもの日に飾る、五月人形(鎧や兜)と鯉のぼりの意味の違い


どちらも、5月5日の飾る”五月飾り”になりますが、
家の中に飾る五月人形は、家の中に飾る「内飾り」と呼ばれます。


逆に、家の外に飾る鯉のぼりは、「外飾り」と呼ばれていて、
同じ5月5日、端午の節句に飾るものでも、意味合いが変わってきます。


家の中に飾る「内飾り」 五月人形(鎧・兜)の意味とは?


「内飾り」は、子供の誕生、成長を祝い、祈るものです。
これから、強く、たくましく、かしこい大人になっていけるように…と、
五月人形(鎧・兜)を飾ります。


家の外に飾る「外飾り」 鯉のぼりの意味とは?


「外飾り」は、立身出世を祈るものです。
これから大人になっていくにつれ、社会に出ることになります。
そういった時の願いを込めて、鯉のぼりを飾るのです。


このように、同じ”五月飾り”でもその意味合いは少し変わってきます。
それでは、それぞれの飾りについて、もう少し詳しく紹介していきます。


五月人形(鎧・兜)を家の中に飾る理由とは?


五月人形(鎧・兜)、「内飾り」の習慣は、武家社会から来ています。


元々は梅雨の時期になる前に、鎧・兜の手入れを行うため、
家の中に飾られたようですが、これには、
”外から災いが入らないよう”との意味も込められていたそうです。


また、鎧や兜は、身を守るためにあるものともされていたので、
「内飾り」の習慣は、男の子を守る意味合いもありました。


それが、現在の五月人形、鎧、兜の内飾りのはじまりです。
そのため、五月人形には、金太郎や、桃太郎、牛若丸(源義経)などの、
強く、たくましく、かしこい男の子が使われていることが多いのです。


Sponsored Links


鯉のぼりを家の外に飾る理由とは?


先ほど、鯉のぼり(外飾り)は、子供の立身出世を祈るものとして紹介しましたが、
家の外に鯉のぼりを飾る理由・意味は、他にもあります。


それは、「神様に祈るため」です。
家の中では、空にいる神様に祈りが届きにくい…とのことから、
外の高い位置に飾るようになりました。


また、鯉のぼりはなぜ、鯉なのか?といった質問も良く耳にしますが、
これにも意味があります。


鯉は、綺麗な水の中だけではなく、沼の中、池の中など、
自然の中でもたくましく生きていくことができます。


鯉のぼりには、どんな環境下でも強くたくましく生きていけるように…
そんな意味も込められているのです。


こどもの日は、内飾り、外飾り、両方飾るのがおすすめです


五月人形はないにしろ、鎧や兜を飾るご家庭は多いです。
しかし、鯉のぼりはなかなか見掛けません。


うちも、私の下に弟がいて、鎧、兜は飾られていましたが、
写真に見るような大きな鯉のぼりは飾っていませんでした。


でも、五月人形(鎧・兜)と鯉のぼりの意味は違います。


立地条件やスペースの問題など、鯉のぼりは飾りにくいですが、
出来ることならば、内飾り、外飾り、両方を飾り、子供の成長を祈るのがおすすめです。