着物


浴衣の着付けは、「右前」が正解になっています。着物も同様です。
「左前」にして着付けるのは、”死装束”(ししょうぞく)。
遺体に着せる衣装になりますので、絶対に「左前」で着てはいけません。


ただ、間違えて覚えている人も多いんです。
浴衣・着物の着付けの「左前」、「右前」は少しややこしいですので、
これを機に、しっかりと覚えておきましょう。


Sponsored Links

左前・右前の本当の意味とは?男性・女性で着付け方は違うの?


高校生の頃だったと思います。
母と祖母のいるところで、浴衣を一人で着付けられるように、教えて貰ってたとき、
「浴衣って、左前なんだっけ?右前なんだっけ?」と聞いてみたことがあります。


そのとき、母も祖母も即答で、「左前だよ!」「右前だよ!」と、
別のことを、言ったんです。


「え??」と私は、困惑しました。でも、実はどちらも言っていることは同じ。


母の言った「左前」というのは、”左が前にきている”という意味だったのですが、
祖母の言った「右前」というのは、”右を手前にする”という意味だったんです。



でも、浴衣・着物の着付けのマナーとしては、祖母の言った「右前」が正しい表現。


少しややこしいのですが、


浴衣・着物を着付けるときは、右を先に、左をあとに重ねる、
右が自分から見て手前(体側)になるようにするのを「右前」としています。



”右が前にきている”と勘違いしやすいですが、右が先にきているのが「右前」
”左が前にきている”のが、いわゆる、死装束(ししょうぞく)となり、
マナー違反に当たります。


私も含め、現代の人は和服を着るシーンは、本当に少ないですので、
”着るたびに左前、右前どっちなんだっけ?”と不安にもなってしまいますよね。


浴衣を着るのなんて、旅館に旅行に行ったときや、花火・夏祭りのときくらいです。


浴衣・着物を着るときは、”右を先にする”と覚えておきましょう。


和服を右前に着るようになった由来とは?


昔は、右よりも、左の方が上位であると考えられていました。
そのため、左前は身分の高い人のみが着る、着付け方だったんだそうです。
この歴史は古く、聖徳太子が広めた風習だと言われています。


Sponsored Links

男性、女性で着付け方は逆になる?


シャツの衿合わせは、男性は”右前”で、女性は”左前”と決まっています。
現代の人にとっては、和服よりもシャツの方がポピュラーであるため、
衿合わせが、男性・女性で異なることを知っている人は、多いです。


そのためなのか、浴衣・着物の着付け方も、男性・女性で逆なのでは?と、
勘違いしている人も多いんです。


和服(着物・浴衣ともに)の着付けは、先ほども紹介した通り、
「右前」(左が前に来るようにする)のが、正解になります。


これは、男性も、女性も変わりません。
男の人も、女の人も必ず「右前」にして着るのが正しい着付けであり、
「左前」は、男性も、女性も遺体に着せる着付け方になります。


また、旅館にある”浴衣”と、花火大会や夏祭りで着る”浴衣”も、
着付け方は一緒になります。着方は異なりませんので、覚えておきましょう。


和服の左前・右前、間違いないように覚えるには?


覚え方としては、”懐に手を入れやすい方”とするのが、良いです。


昔の人は、着物の中に大事なもの(お財布など)を入れていました。
時代劇やドラマでも、着物の懐から何かを出すシーンってありますよね?


日本人は、右利きの方が多いですから、右手を懐の中に入れやすく、
着付けられています。左利きの人はちょっと、想像しにくいかも知れませんが、
右手をすんなり胸元に入れられるように着付けるのが、正解の右前になります。


これからの時期は、和服を着る習慣のない世代の方も、浴衣を着ます。
私も毎年浴衣を着て花火大会に行きますが、毎年間違って着ている人を見ます…。


恥ずかしいのもありますが、マナー的にも良くないことですので、
「右前」(左襟が前)になるよう、充分に注意してくださいね。