浴衣6


今日は、簡単にできる浴衣のたたみ方について紹介します♪
現代の人は、和服を着るのは日常的なことではないため、着付けもそうですが、
浴衣をたたむ方法をご存じない方も多いです。


うちでは、下記の方法で浴衣をたたんでいるのですが、とっても簡単なので、
浴衣の知識がなくてもできます。また、今回記事を作成するにあたって、
自分も一度、一からたたんでみたのですが、かかった時間はなんと1分★


子どもの浴衣も大人の浴衣も同じように、コンパクトに収納できます。
写真付きで分かりやすく紹介させていただきましたので、ぜひ、
参考にしてみてください。


Sponsored Links

簡単!6ステップでたためる、浴衣のたたみ方!


1.浴衣を床に置き、平らにたたむ


浴衣1


着終わった浴衣を、浴衣を着る時のように広げ、平らにしていきます。
着付けするときと同じ要領になりますので、左身ごろが手前になるように、
平らにします。


このとき、襟の部分も手で整えておきましょう。


2.浴衣の右側を中央にたたむ


浴衣2


襟の手前のラインまで、中央に向けてたたんでいきます。
襟のラインから、裾までが直線になるよう、丁寧にたたみましょう。


3.袖の部分を折り返す


浴衣3


右袖の部分を、手前に折り返します。
これで、浴衣の右半分をたたむことができました。


4.左も同様にたたむ


浴衣4


右半分はたためたので、次は左半分をたたんでいきます。
左半分も、右半分同様に、襟のラインまで、中央に折りたたみ、
そのあと、左袖も、右と同じように中央に折り返します。


Sponsored Links

5.袖の部分まで裾を折り返す


浴衣5


裾から、袖のところまで、下から上へ、折り返します。
襟部分を除き、綺麗に長方形のようになります。


6.収納スペースに応じて小さくたたむ


浴衣6


あとは、ご自宅の収納スペースに合わせて、コンパクトにたたみます。
うちは、この写真のサイズにして、浴衣を何着か重ねて収納してあります。


襟の部分が少し見えますが、ほとんど”四角”にたたむことができるので、
場所も取らず、しわも出来にくいので、とってもおすすめです。


ここまで、1分弱でできるようになりますので、たたみ方さえ覚えてしまえば、
本当に簡単に浴衣をたためるようになりますよ!



また、子ども用の浴衣も同じようにしてたためます。


ちなみに、この方法は、着物や浴衣を本格的にたたむ「本だたみ」とは、
異なり、もう少し簡易にできるものを、と母が教えてくれた方法になります。


母に聞くと、着物は「本だたみ」をしているそうですが、浴衣は、
このたたみ方でも充分綺麗に収納でき、尚且つ、小さくしまえるので、
この方法で収納していると言っていました。


また、うちでは、浴衣は自宅で洗濯し、アイロンがけも自分でやっています。
洗濯機で洗濯した浴衣を干して、アイロンがけをしてから、このようにたたんで、
収納しているので、浴衣を購入した金額以外にお金はかけていません。


浴衣をクリーニングに出すと、約1,000~1,500円もかかるそうですから、
節約にもなりますよね。自宅で綺麗にたたんで保管することができるので、
ぜひ、参考にしてみてください。