扇風機


「寝るとき、扇風機を付けたままにすると死ぬ?」なんて話がありますよね。


私もいつだったか、脅されたことがありましたが、結論から先に言いますと、
健康な方であれば、扇風機を付けたまま寝ても、死ぬことはありません。


では何で、就寝中に扇風機を付けっぱなしにすると死ぬだなんて迷信、
こんなに広まっているのでしょうか?


Sponsored Links

扇風機を付けたままで寝ると死んじゃうって本当のこと?



閉め切ったお部屋の中で、扇風機を付けたままにすると、低体温症や、
窒息死するなんて言われている”都市伝説”になります。


たしかに、扇風機の風が良く当たる場所にずっといれば、体はとても冷えます。


これによって、心筋梗塞や脳梗塞が引き起こされる…なんて言われていますが、
医学的な根拠は何もなく、命を脅かすほど、体温が下がるものではありません。


ただし、健康な方ならば…という話になりますので、持病のある方は、
扇風機はもちろんのこと、エアコンなどの冷房器具は付けずに寝てください。


また、アルコールを飲んでいるときや、睡眠薬を服用しているときも、
扇風機は切って寝るよう、気を付けてください。


エアコンのない時代は、扇風機こそ、涼しくなる大発明!とされていましたから、
扇風機を付けたまま寝ると、体が凍ってしまうくらい冷えてしまうよ!という、
注意喚起の意味もあったのだと言われています。



体を冷やす扇風機は、夏冷え、夏風邪の大きな原因になる


でも、その注意喚起は、”先人の知恵”。間違っていることではありません。
エアコンのある現代も、扇風機は、体を冷やすものとして認知されています。


エアコンの付けっぱなしは良くない、でも、扇風機は大丈夫でしょ~なんて、
甘く見ていると、夏冷えで腹痛がおきたり、夏風邪をひいたりします。



寝るときに付けっぱなしにした扇風機で体は冷やされる


人は寝ると、体温が低くなります。新陳代謝を抑えるためです。
夜明けに近くなる、午前4時頃を過ぎると、寝た時よりも体温が約1℃も下がります。



そこに扇風機の風邪が当たると、余計に体の熱が奪われてしまいますので、
さらに体が冷えます。また、夏冬関わらず、寝ているときは汗をよくかきます。
汗と同時に、扇風機の風でも水分が奪われるので、夏は特に、
脱水症状を起こす危険性まであるのです。


夏冷え、夏風邪を防ぐ扇風機の使い方


扇風機を付けて寝るときは、体に当たらない位置に風がいくようにします。
おすすめは、天井に向けて扇風機を回す方法です。


部屋中の空気が混ぜられるので、それだけでも、涼しく感じるはずです。
寝苦しい夜は、どうしても自分に当てたくなりますが、我慢してください。


Sponsored Links

扇風機とエアコン、風邪をひきにくいのはどっち?


賛否両論ありますが、エアコンの除湿機能を使用するほうが、
風邪をひきにくいとの声が大きい
です。エコの点からすれば、扇風機ですが、
それで風邪をひいてしまうのも、バカらしいですよね。


寝付いてから3時間ほどを良い室温にすると、眠りも深くなるので、
3時間~4時間タイマーを使用すると良いです。


また、理想的な室温は、25℃~28℃ほど、湿度約50~60%になります。
ただ、クーラーの冷気は床のほうにたまりやすいので、扇風機を併用すると、
エコにはなります。


寝て起きると調子が悪い?寝ているときの夏冷え、夏風邪に注意!


睡眠中は体温が下がるお話をしましたが、睡眠中は免疫力も、
体温と同時に下がってしまいます。こたつで寝ると風邪をひくとか、
布団をかけないで寝ると風邪をひくとか言われるのも、この理由のためです。


寝て起きると「風邪ひいたかも?」「お腹痛い、冷えたかな?」と
感じるときがありますが、これは、睡眠中に体温が下がり、免疫力が落ちて、
夏冷え、夏風邪をひいてしまったのだと思われます。


扇風機は特に、風が強く当たるため、冷えやすく、風邪をひきやすいです。
寝るとき、就寝中の扇風機で死ぬこと自体は、都市伝説だと言えますが、
夏風邪をひきやすく、夏冷えになりやすいのは本当のことです。


充分に気を付けて使用するようにしましょう。