出雲大社


ここのところ、”パワースポット巡り”をする女の子が増えています。
また、それと同時に、御朱印(ごしゅいん)を集める女性、”御朱印ガール”
と呼ばれる人たちが、増えています。


御朱印とは、寺社にていただける”参拝の印”になっているので、
直接出向かないと、手に入れることはできません。


それぞれの寺社の印を押してもらえるだけではなく、墨書で書かれた、
「寺社名」、「参拝日」も入るので、旅の記念にもなります。

ときには、参拝者である自分のお名前を入れてくれるところもあるようです。


とても良い記念になるので、専用の御朱印帳を片手に、
たくさんの寺社を巡る、”御朱印ガール”が今、増えているんです。


しかし、御朱印帳は、財布のように毎日持ち歩いている方ばかりではないようです。
インターネットで調べてみると、”忘れちゃったんだけど、どうすればいい?”
なんて質問もたくさん、寄せられています。


今日は、御朱印集めをしているのに、たまたま忘れてしまった人や、
良さそうな寺社をたまたま見つけて寄りたいときの対処法を紹介します。


結論としては、御朱印をもらうことはできるので、参考にしてみてください。


Sponsored Links

御朱印帳を忘れた場合はどうすればいい?


御朱印帳がないときに、良さそうな寺社を見つけてしまったときや、
旅行先で御朱印帳を持ってくるのを、忘れてしまったときなど、
手元に御朱印帳がないときは、どうすれば良いのでしょうか?


近場の寺社であれば、今一度参拝するという手もありますが…
出先ともなると、なかなかもう一度参拝しにくるのが難しいときもありますよね?


でも、大丈夫です。


実は、御朱印は、御朱印帳がないと、貰えないものではありません。
御朱印帳がないときは、御朱印が書かれた”半紙”を購入することができます。



御朱印ガールの方は既にご存知だとは思いますが、多くの寺社では、
御朱印1つに対して、約300円ほどの料金がかかりますよね?
この半紙も同様に、約300円で販売されているものになります。


寺社に行って、御朱印帳を忘れてしまったことに気付いた場合は、
「今日、御朱印帳を忘れてしまったのですが、御朱印紙いただけますか?」
というと、対応していただけると思います。


また、1つ注意点になりますが、この場合”書き置き”といって、
予め、墨書きと押印が済んでいる半紙になることもあります。


御朱印帳は忘れてしまっても、いただけるものですから、諦めず、
お話してみてくださいね♪
折角参拝するのですから、御朱印をいただかない手は、ありませんよ!

Sponsored Links

御朱印紙を貰ってから御朱印帳に貼る


御朱印帳を忘れて、御朱印紙をいただいてきたら、家に持ち帰るまで、
しわにならないように、慎重に持ち帰ります。折れたり、しわにならないよう、
近くのコンビニや、100円均一などで、安いファイルを購入するのもおすすめ
です。


家に帰ったら、早速、自分の御朱印帳に貼り付けていきます。
が、薄い半紙が使われているので、貼り方によっては、しわが寄ってしまい、
上手く御朱印紙を貼ることができません。


そこでおすすめなのが、”スプレーのり”です。
スティックのりよりも、スプレーのりのほうがキレイに貼れて良い♪と、
御朱印ガールの間では、必須アイテムにもなっているようです。


忘れてしまって、あとから貼るものだからこそ、キレイに貼りたいですよね★
でないと、御朱印帳を忘れたことを、後悔してしまいそうです (´・ω・`)


尚、最近はスタンプラリー感覚で、参拝もせずに、御朱印だけいただいて帰る、
マナーのない、御朱印ガールも増えている
のだとか。


御朱印は、スタンプラリーとはまた異なるものですから、きちんとマナーは守り、
旅の記念として、コレクションしていきましょう!



また、数や早さを競うものでもありませんので、そういったところも注意し、
御朱印ガール同士も仲良くやっていきたいものですね。