手持ち花火


夏と言えば「花火」です。私も小さいとき、お庭でBBQしたあとに、
花火をした思い出があります。そして、私の子どももまた、花火が大好きです♪


花火大会で大きな花火を見に行くのも良いですが、自宅や河原、公園で行う、
”手持ち花火”や”線香花火”も良いものですよね。



今日は、「花火」の湿気についての問題と、使用期限のお話です。
湿気った去年の残り花火も下記の方法を用いれば、復活させられるかも??


Sponsored Links

花火に使用期限はある?


基本的に、花火には”使用期限”なるものはありません。パッケージにも、
特に、いつまでに使用するべきなどの明記はありません。


それこそ何年も前の花火でも、安全に使用することができます。


ただし、”保存方法”によっては、花火の質を悪くしてしまうこともあります。
湿度・温度ともに低い押入れなどに入れておくのが、ベストなようです。


今年も花火が余ったら捨てずに、この方法で保管して来年に持ち越しましょう。


でも、花火の火薬の入っているところがつぶれてしまったものや、折れたものは、
使用しない方が良いです。花火はとてもキレイなものではありますが、
”火”を使う遊びで、危険もあります。絶対に使わないで、そのまま捨てましょう。


花火はすぐ湿気る?去年の残りを使用するときは?


押入れで保管していたものなど、購入してから、日の経っている花火や、
去年やそれより前に使用した余りの花火は、使用する前に一度、
”天日干し”をしておきましょう。



良く花火は湿気で点かなくなり、無駄にしてしまうことも多いのですが、
花火の湿気はそれほど高いものではないので、天日で1日日光に当てておけば、
大抵のものは湿気が取れ、普通に火が点けられるようになります。


私も、大人になるまでこの”対処法”を知らなかったので、湿気った花火はすぐ捨て、
使い捨てのように扱っていたのですが、復活することができるなんて、驚きです。


花火の中に入っている、導火線や、火薬が湿気って点かないものなので、
それを良く、乾かしてあげると良いようですよ!



ただ、無理矢理点けるのは、危ないので…天日干ししても点かなかったものは、
諦めて捨てちゃうほうが、良いかもしれません。


Sponsored Links

自宅付近、公園・河原での花火のマナー


”ロケット花火”などの音の出るものや、良く飛ぶものは、特に注意してください。
また、夜遅くの花火は、近隣住民の方に迷惑になりますので、花火をやるときは、
時間も考慮して遊んでください。


自宅ではない河原などの場所で花火をする場合は、バケツと、ゴミ袋を持参します。
バケツには水を張り、そこへ、使い終わった花火を消火する意味でも入れて、
まとめておきます。ゴミは、きちんとゴミ袋に入れて、自宅に持ち帰ります。


良く、河原・公園のゴミ箱に使用済みの花火を入れていく人もいますが、
私はこれも、マナー違反だと思っています。結構花火のゴミはかさばりますので、
できる限り、外から持ち込んだゴミは、自宅に持ち帰るようにしましょう。