ポニーテール


髪の毛を縛ると、”頭痛”がするとき、ありませんか?私は、良くあります。
良くあると言うか、正直、髪の毛を高い位置に結ぶと、必ず、頭痛がします。


この頭痛は、”ポニーテール頭痛”と呼ばれている頭痛です。
また、”ポニーテール頭痛”の中には、ハーフアップスタイルにしているときや、
お団子ヘアにしているときも含まれます。


正面から見たときに縛っている部分が見えるくらい高い位置に結ぶのが、
かわいいとされていますが、頭痛がするのであれば、考えものですね。


私も、本当は高い位置で結びたいですが、最近は頭痛を回避するため、
やらないようにしています。


そもそも、何で、高い位置で髪の毛を縛ると、頭痛になるのでしょうか?


Sponsored Links


高い位置で髪の毛を縛ると、頭痛になる理由とは?


”ポニーテール頭痛”の一番の原因は、髪の毛を縛ることによって、
頭皮が一箇所に引っ張られるため、血流が悪くなることにあります。



血流が滞ると、筋肉も固くなり、頭全体が冷えて、”頭痛”となります。


また、髪の毛を縛ると、髪の毛の重さも一点に集中してしまうので、
重さも頭痛の原因になります。


さらに、髪の毛を高い位置で結ぶのは、毛の生え方に逆らうことにもなるため、
頭皮に負担です。強く結ぶと、頭痛とは別に、頭皮が痛くなることありますよね?
また、髪を解いたときにも痛くなりますよね?それも、同じ理由です。


冷えは、頭皮だけに留まらず、首や肩にも影響があります。
ポニーテールや、お団子ヘアは、首にかかる髪の毛がなくなるアップスタイル。
首周りも冷えるため、頭痛を更に促進し、首こり、肩こりを併発することも…。


個人的には、ドクドクとするような、頭痛になります。縛ったときから、
既に脈打つように頭が痛くなるので、すぐに原因が分かりました。


偏頭痛持ちのため、常に頭痛薬を常備していて、すぐ服用するのですが、
”ポニーテール頭痛”のときは、髪の毛を解かないと、治らないときもあります。


ひどいときは、吐き気がするほど気持ち悪くなることもありますので、
多少でも頭痛を感じたら、縛り方を変えるなり、髪の毛を解くなり、
頭痛薬を飲むなり、何らしかの対処した方が良いです。


”ポニーテール頭痛”の対処方法


薬を服用するのは、もちろんですが、縛る位置をせいぜい、耳の高さ程度にする
ゴムではなく、バレッタや、クリップを使用することで、頭痛予防ができます。


また、どうしても高い位置で結びたいときは、ときどき、髪を解いてあげ、
頭皮を楽にしてあげると良いです。縛り直すだけでも、結構、変わります。


Sponsored Links



一度縛ってしまうと、跡がつくため、なかなか髪の毛は下ろせませんが、
あまりに頭痛がひどいときは、低い位置に変えたり、しばらく解いておく、
ゴムを使用しないなどの方法で、対処してみてください。


首まわり&頭皮の温めで、頭痛を回避!


ポニーテールにするときは、首まわりが冷えないようにすると良いです。
夏場はなかなか難しいですが、ストールや、マフラーをすると、
頭痛になりにくくなります。


また、オフィスなどでは、ホットタオルを使用すると良いです。
首まわりを温めることによって、頭皮の血行も良くなり、症状が緩和されます。


ホットタオルは、タオルとお水、そして、電子レンジで簡単に作れます♪
水を絞ったタオルをレンジの中に入れ、温めるだけで簡単に、
ホットタオルを作ることができます。


熱いお湯を用意して、絞る方法もありますが、ヤケドすることもあるので、
電子レンジでホットタオルを作る方が、簡単ですし、安全です。
時間はタオルの大きさによって異なるので、少しずつ、増やしてみてください。


これからの季節、暑さのため、髪の毛を縛ることが多くなると思います。
オシャレも捨てがたいですが、”ポニーテール頭痛”にならないよう、
充分に気を付けてくださいね。