トイレ


”トイレ付き”ならば、乗車中だろうと、トイレに行くことができますが、
”トイレなし”の夜行バスに乗っているときは、基本的に、休憩時間=トイレ休憩。
特に何もなければ、バスは休憩時以外、どこにも停まらず、目的地を目指します。


でも、トイレに行きたくなってしまうこと…誰にでもありますよね?


夜行バスなので、それこそ、何時間もの時間、乗車しているわけですから、
トイレに行きたくなってしまう人がいても、おかしくはありません。


”トイレなし”の夜行バスに乗車中、トイレに行きたくなってしまったら、
どうすれば、良いのでしょうか?



Sponsored Links



携帯トイレは持っていく?トイレに行きたくなってしまったら?


トイレに行きたくなってしまったときは、「早めに」乗務員さんに伝えましょう。
早めに言うのが、とても大事です。通常、乗務員さんと、運転手さんは別にいます。
前の席に行けば、乗務員さんがおりますので、声をかけてください。


ただ、主に”高速道路”を通っていますので、交通状況(渋滞なども含め)や、
SA(サービスエリア)・PA(パーキングエリア)まで、何十分と、
かかるケースがあることを考慮して、「早めに」伝えることが、とても大切です。


漏れそうになってから言うのでは、遅いこともありますから、
ご自身がツライ思いをされないためにも、早めにお声がけをお願いします。


もちろん、バス乗車中のお客さまがトイレに行きたいとなれば、
バスは、予定外の休憩でも、ちゃんと、トイレに寄ってくれます。



ここは、バス会社の方にも確認済みであり、親切に対応してくださいますので、
恥ずかしがらずに、トイレに寄っていただけるよう、お願いしてみてください。


ですから、特に”携帯トイレ”は持って行かなくても良いと、私は思います。
特に夜行バスの場合は、人の目もありますので、携帯トイレを使用するのが、
安易にできる環境ではありません。


そういったことも含めて、携帯トイレは、持っていかずに乗車して、
万が一、トイレに行きたくなったら、お願いしてみる方法で良いと思います。


トイレに行きたくならないようにするには?


あまり食べ過ぎないこと&飲み過ぎないことが、一番!ですね。


特に、アルコール類は、利尿効果が高いので、控えるべきだと思います。
あとは、カフェインを含む、飲み物ですね。コーヒーだったり、紅茶だったり、
できるだけ、控えて乗車しましょう。


バスの中はとても乾燥していて、ノドが乾く環境ではあるのですが、
ノドを潤す程度に留めて、たくさん水分を摂らないように気を付けたいですね。


また、意外なところでは、コーラを飲むと、トイレが近くなります。
100%のジュースなんかもそうですね、こういった飲み物も、避けたいところです。


Sponsored Links



トイレ付きの夜行バスなら安心!


今は、”トイレ付き”の夜行バスも増えています。
以前、”トイレ付き”のバスを利用したのですが、やっぱり、安心できますね。


娘との旅行だったため、子どもに何かあると可哀想かな~と思って、
はじめて”トイレ付き”に乗りました。お値段は少し割高にはなりますが、
安心をちょっとのお金で買えるので、私はアリだと感じました。


それまでは、自分一人でしか利用することがなかったため、
ケチって”トイレなし”の夜行バスに乗っていたのですが、
トイレに行きたくなったらどうしよう…と、結構不安だったんですよね。
なんせ、長丁場ですからね。


結局、娘も含め、トイレありのバスでも、トイレは利用しませんでしたが、
その不安がないだけでも、凄く快適に過ごせたので、良かったと思っています。



もし、トイレに行きたくなったらどうしよう…と不安になるのであれば、
私は、”トイレ付き”の夜行バスを選ぶことを、おすすめします。