コーラ


コーラに”利尿作用”がある気がするんですが、あなたは、どうですか?
私は、ほぼ毎日?コーラを飲んでいますが、決まってトイレが近くなります。


これが、利尿作用の高いカフェインを多く含んでいるコーヒーであれば、
トイレが近くなるのも、”納得”なのですが、コーラでトイレが近くなるって、
ありえるのでしょうか?


気のせいなのか、単純に水分を摂り過ぎているだけなのか?気になるので、
コーラのカフェイン含有量や、利尿作用があるのかどうか?調べてみました。


Sponsored Links



”コーラでトイレが近くなる”は良くある話らしい!


調べてみると、私のように、コーラでトイレが近くなると感じている人、
意外と多いようです。これを見て、少し安心してしまいました(*´∀`*)
自分だけではなかったようです♪


でも、原因が分からないことには、なんか、モヤモヤしますもんね!
コーラのカフェイン含有量や、利尿作用についても、調べてきました。


ご存知の通り、カフェインには、高い利尿作用がありますので、
カフェインを含んだものを飲むと、トイレが近くなることは考えられます。


が、調べてみると100グラムあたりに含まれているカフェインの含有量は、
コーヒーの場合は、212ミリグラム。コーラの場合は、8ミリグラム。
これは、凄い差です。ちなみに、紅茶だと、11ミリグラムだそうです。


コーヒーを飲むと、トイレが近くなる原因は、このカフェイン含有量に
ありそうなくらい、他の飲み物と比べて、カフェイン量が多くなっています。


でも、今回知りたいのは、”コーラ”の利尿作用についてです。
カフェイン含有量は、8ミリグラム(100グラムあたり)と少ないので、
これだけが原因ではなさそうです。



調べてみると、利尿作用は何も、カフェインにあるわけではないようなので、
コーラは、他の利尿作用がはたらいているのではないか?と仮説を立てて、
他も調べてみることにしました。


例えば、オレンジ・レモン・トマトなどのジュースも利尿作用があるようです。
柑橘系(酸味のあるもの)は、膀胱を刺激して尿意が高まるのだそうです。


また、スイカなどの”カリウム”を多く含んでいるものも、利尿作用があります。
たしかに、スイカ食べると、トイレが近くなる気もします。


と、調べ進めると、コーラがトイレを近くする原因になっているもの、
見つかりました!
きっと、利尿作用は、コレが原因になっていると思われます!


Sponsored Links



コーラを飲むと、トイレが近くなる原因はコレ!


その原因とは、”人工甘味料とお砂糖”です。


コーラには、たくさんのお砂糖が含まれているのは、ご存知ですよね?
このお砂糖こそが、トイレを近くする原因になっていると、考えられます。


でも、実は、お砂糖そのものに利尿作用があるわけではありません。


お砂糖には、”体をひやす”効果があるのですが、それが、利尿作用として、
トイレが近くなる原因をつくっているのが、分かりました。


つまり、コーラを飲む→体が冷える→膀胱周りが冷える→トイレに行きたくなる、
こういった流れになります。


まとめると、


1.コーラに含まれる、カフェインによる利尿作用
2.コーラに含まれる、砂糖による冷え


この2つが、コーラを飲んで、トイレが近くなることの原因になっています!
本当、私はコーラを一人で1.5リットル、1日で開けてしまうこともあるので、
コーラによる利尿作用は気になっていたんですよね。


でも、ちょっと調べてみて、スッキリしました♪
カフェインでトイレが近くなるのは、しかたないかな~って感じですが、
お砂糖で体が冷えて…っていうのは、ちょっと気になりますね。


できるだけ、コーラの量減らさなきゃな~と、ちょっと考えさせられました。
トイレが近くなって困る!という方、コーラを飲むときは、お腹周りを
冷やさないようにすると、少しマシになるかも知れませんよ!