T

自己処理をするときに、”カミソリ”を使用している人はたくさんいると思います。
とくに使用頻度が高いのは、”T字カミソリ”とよばれているカミソリで、
3枚刃など、刃が何段かについているものが多いですよね。

私も、足や腕、とくに夏場はこの”T字カミソリ”を使用して自己処理をするのですが、
カミソリの刃と刃の隙間に毛が挟まったり、詰まったりして、
良く剃れなくなります。

このカミソリに挟まった毛、詰まった毛、どのようにして取っていますか?
綺麗にカミソリの毛を取る方法とそのコツについて、紹介していきます。

Sponsored Links

T字カミソリに挟まった毛を取るには?

毛が挟まったまま、詰まったままのカミソリを使用すると、
どうしても切れ味が悪くなります。挟まったままでも、自己処理は行えますが、
もちろん、何もない刃を当てるよりは、はるかにスピードが落ちます。

スピードが落ちるということは、繰り返し肌に当てて剃ることになるので、
カミソリを当てる回数は増え、肌へのダメージも、大きくなるということになるんです。

カミソリを正しく当てれば血が出ることは、ほとんどないと言えますが、
それでも、肌の表面を薄く傷つけていることには、変わらないため、
埋没毛だったり、肌の黒ずみだったり、いろいろなトラブルの引き金になります。

だからこそ、カミソリの刃はできるだけ、いつも”新品に近い状態”で使用すること、
そして、自己処理にかける時間、肌に当てる時間を極力短くすることが、大切
です。

毛が挟まったまま、詰まったままのカミソリを使用するのは、お肌に良くないんです。

Sponsored Links

カミソリに挟まった毛を自己処理しながら取るには?

これは、良くみなさんされている方法ではありますが、こまめに洗うことによって、
ある程度の毛の詰まりは抑えることができます。

自己処理をするときは、洗面器にお湯をはり、剃りつつ、その洗面器で洗います。
お湯の中でカミソリを縦横左右にふると、結構毛が浮かぶのが分かると思います。

でも、これだけですと、完全に綺麗には取れませんよね?

次に用意するのは、フェイスタオルです。いらないタオルを使用して、
カミソリの刃をタオルに当て、刃の方向に沿って、軽く拭いてみてください。
ビッシリとることができます。乾いているタオルを使用すると、より取りやすいです。

自己処理中に挟まった毛を取るのであれば、この2つの方法で充分です。

また、使用したあとは、次に使用するときのために、しっかりと、
毛の詰まりを取っておくことも大事です!お手入れしておかないと、刃も、
傷んでしまいますからね!

このお手入れには、古くなった歯ブラシを使用します。
刃に並行になるように歯ブラシを当てて、磨いていきます。洗剤は不要です。
挟まった毛、詰まった毛は、綺麗に除去することができますよ!

自己処理するときには、必ずといって、男性も女性も使用するのが、T字カミソリ。
その使用用途は異なるにしろ、毛が挟まる・詰まるといったお悩みは、
男性も女性も持っているようですね。

尚、カミソリには毛だけではなくて、自己処理のときに使用した、
シェービングフォームなどが、一緒に詰まることもあります。いわゆる、洗剤カスです。

上記の方法で、カミソリを洗えば、洗剤カスも一緒に取ることができるので、
衛生面から見ても、やっておいて、損はありません。

女性の方はとくに、こういったこまめなお手入れをしておかないと、
埋没毛や、黒ずみができ、他の肌トラブルに発展してしまう可能性もあります。

ちょっと暖かくなってきましたので、さらに自己処理の頻度は増えるはずです。
正しくお手入れして、肌にやさしい刃で、ムダ毛を剃るようにしましょう。